サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぽこさんのレビュー一覧

ぽこさんのレビュー一覧

投稿者:ぽこ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本セックス神話解体新書

2003/03/21 14:41

医学の場での男性論理

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かねてからユング派心理学の女性への優しさが
どうもアヤシイと感じてきた。この本を読んでユンギアンの
「女性は女性になりきることで楽になる」式の罠がわかった。
先端科学の場である学校や病院でなぜか著しく
「女になりきってないから苦しいんだ、女らしくしてさえいれば楽になる」
「結婚し子どもを産めば精神が安定する」
「女は言語感覚に優れ男は空間察知能力に優れる」「女は感情男は理性」
などまことしやかに言われた経験は
女性なら誰しもあるだろう。
 平成の今でさえ、専業主婦業の素晴らしさを持ち上げて
女性が子どもや夫の人生に自分の理想を
投影し間接的成功で満足することを勧める本があるが、その実
「よき主婦」から「醜い主婦」にちょっと外れただけで
(たかだかカラオケに行ったり、スーパーのお惣菜で済ませたりくらいのこと)
たちまち手のひらを返したような罵詈雑言をぶつける。
 それほど「よき主婦」「女らしい女」を尊重してないことがわかる。
結局単なる「都合のいい女」でいろというほめごろし的お達しだったのだ。
 このような歯の浮くような女性の美徳礼賛主婦礼賛で一時救われても、
子どもが親離れし夫に死別したとき
こういう女性は、結局また同じ疑問で苦しむのだろう。
「女性性的役割のなくなった私はどういう存在なのか?」と。
 女性の生き方は社会に期待される従順な補助的役割を演じるしかないのかと
失望し苦しんでも、真実を知らずに言葉で表現できず闇雲に苦しむより
真実を知ることで言葉に出来ることにより救われることもあるし
改めて自分の人生を分析し構築することも可能になると教えてくれたのが本書だ。
ユンギアンへの疑問を晴らしてくれた小倉さんに感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いろんな個性があっていいじゃん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同性愛というとアンダーグラウンドなカンジがしてたのは
メディアの姿勢も責任があったと思います。
石川さんが太陽の光の中で微笑んで
ご本名や写真を公開していることから
同性愛者も異性愛者も仲間なんだなと
改めて思わせてくれます。
 パソコンやホームページ作りに苦闘するトコ
なんか私とおんなじだあ!
法律勉強されただけあって、とても
わかりやすい文章と構成です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示