サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 蔦吉さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

蔦吉さんのレビュー一覧

投稿者:蔦吉

1 件中 1 件~ 1 件を表示

パーティーのその前に

2003/03/23 00:51

はたして筆者のテーマは……?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 2002年コバルトロマン大賞佳作受賞作品。
 新人にしては手馴れた筆運びで、非常にテンポは良くスラスラと読み進められる。
 舞台は高校生徒会。主人公は同人誌描いてるオタク少女。
 このレーベルには常套的な美形キャラのオンパレードで、キャラ配置に新鮮さはないがまぁ平均点。

 しかし、最後までこの話のテーマはわからなかった。
 うっかり強盗事件に巻き込まれた生徒会仲間をかばうのはいいとして、そこに友情はまるで感じられない。
 クールと言えば今どきかもしれないが、それにしては陳腐だ。
 強盗未遂、拳銃強奪、校内での銃撃戦、麻薬の使用。
 これだけの事態が起こりながら、大人はひたすら役には立たず、現実感のない主人公たちの中で奇妙に解決(?)してゆく。
 ドタバタ劇と言ってしまえばそれまでだが、何の社会的制裁もないまま、いつの間にか日常に戻っているのにはまるで納得がいかなかった。
 しかも登場人物たちは高校生徒会役員なのだから、洒落にもならない。
 事件の起因となる親子関係も結末はうやむや。
 それをテーマとしたつもりであるなら、作者はあまりに無頓着である。
 
 楽しいならそれでいいじゃないか。
 最後までそう囁き続けられたような気がしてならない。
 うん、確かに楽しい。でもね……。
 と、ちょっと虚しい読後感。
 
 新人なので次回作に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示