サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つぶれソフトさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

つぶれソフトさんのレビュー一覧

投稿者:つぶれソフト

1 件中 1 件~ 1 件を表示

スカイラー通り19番地

2005/01/10 19:46

出来ればそうしたくない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

両親が発掘に行ってしまう夏休み。
そういう時、いつも自分を受け入れてくれた大叔父さん二人が、今年は何故か「おいで」とは言ってくれなかった。
仕方なく行ったサマーキャンプで、主人公マーガレットは、「自分であろうとした」ために、しつこくて陰湿ないじめに遭う。マーガレットが自分を守ろうとする行為は、キャンプ長には反抗としか見えず、とうとう連絡を受けた大叔父さんの手によって、マーガレットは悪夢のキャンプから救い出される。
しかし、大叔父さんの家でも大問題を抱えていた。叔父さんたちが諦めてしまっている中、マーガレットは一人で問題と対決する決心をする。

カニグズバーグの作品は、いつも私をバーンとひっぱたいて、読み終えた時にさっぱりと、すがすがしく、明日へ向かう力を与えてくれる。この作品も、基本テイストは同じなのだが、どうしたのか、いつものパワーを感じられなかった。前作『ティーパーティーの謎』でも取上げられていた「弱いものいじめ」のテーマについては、何だかいじめっこ達の姿が、いまひとつよく見えてこなかった。特にラストでは、何故そうするのか?が、どうもお腹にストンと入ってこない。自分の読み方が足りないのだろうか?
そして、「アウトサイダーアート」の扱いも。これは、アート業界(と呼んでいいのかどうか)をカニグズバーグ流に皮肉ったのだろうか? 『ジョコンダ夫人の肖像』のような本を書いた人が、アウトサイダーアートに対して世間一般と同じ考え方をするとは思えないのだが…。
とは言え、いつもの「スカッと感」はきちんと存在している。言い回しのキレも。マーガレットが何かを強制されそうな時に使う言葉「出来ればそうしたくないんですけど」は誰かを怒らせたいときにちょっと使ってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示