サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 銀の国さんのレビュー一覧

銀の国さんのレビュー一覧

投稿者:銀の国

1 件中 1 件~ 1 件を表示

日本語の発想に即した日本語文法

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は前作「日本語に主語はいらない」で、英文法の安易な移植によって生まれた学校文法の「主語」信仰を学者らしい精密な分析で、かつ現役の日本語教師の視点で、見事に論破した。私自身も著者と同様、長く海外で日本語を教えており、学校文法の陳腐さに腹立たしさを覚えていたので、「日本語に主語はいらない」が出版されたときには、「よくぞ書いてくださいました」と拍手喝采したものである。
 この本はその著者の第2作目である。前作でまさに「目からウロコ」の感を抱いた方も多いのではないか。この本は前作と重なっている部分も多いが、新たにウロコを落としてくれる部分もあるので、前著を読んだ人には続けて本書を読まれることをお勧めしたい。もちろん前著を読んでいない人は、この本を読みながら「日本語に主語はいらない」のエッセンスも分かるのだから、一挙両得というものだ。
 
 さて、前書きで、著者は言う。

 私を含めた日本語教師にとっての一番の問題は何か。それは「英仏語など西洋の言葉と日本語の根本的な発想・世界観の違いがどの文法書などにも十分記述されていないこと」だ。
 
 私は学者ではないが、日本語を学ぶ学習者と接している日本語教師だから、著者のこの問題意識が痛いほどよく分かる。言葉を教えるとは、その言葉の発想法を教えることでもあるはずだ。だが、英語文法をもとに日本語を考える癖がついてしまうと、日本語本来の発想法が分からなくなってしまうのだ。例えば、「ある・分かる」について、ある日本語教科書は次のような説明を行っている。
 他動詞の目的語は「を」で示すが、「「ある・分かる」の場合は、「が」で示す。
(注・この場合の「ある」は所有の意味。存在の「ある」の前に、所有の意味の「私は車があります」などの文で、「ある」を導入する日本語教科書もある)
確かに、英語の have と understand は 他動詞だろう。だが、英語の訳文を見て、日本語の文法を説明するというのは順序が逆である。

 この本は
 「ある」日本語と「する」英語
という副題がついている。「ある」「する」がそれぞれ日本語と英語の発想法を象徴する動詞である、ということを著者は例を挙げて証明していく。係助詞「は」が「スーパー助詞」なら、「ある」は日本語の「スーパー動詞」である。と言っても、まだ本書をお読みになっていない方は理解できないだろうが、そのスーパーぶりは本書を読めば明らかになろう。それでも、少しでも多くの方にこの本を手に取っていただきたいので、私の目からウロコが落ちた部分を一つだけ紹介しよう。
 「んです」を使うと、言外の状況説明、言い訳ができる、ということは日本語を母語とする者なら感覚として分かることである。外国人に日本語らしい日本語を使ってもらうためにも、必ず教える項目でもある。ところが、どうして「んです」を使うと、言い訳ができたり、状況の説明ができるのか、それについて説明してくれる日本語の文法書にはいまだお目にかかったことがない。だが、この本はそれに見事に答えているのだ。その答えは…これはもうご自分で読んでみてくださいな。
 
 本書は著者の言葉によると、「広範な一般読者層」を念頭に書かれたものだそうだが、わたしは日本語教師、あるいはそれを目指す人には是非読んで欲しい1冊だと思う。「日本語教育の参考書にはほとんど書かれていないことではあるが、日本語を教えるに当たって、最も大事なこと」がこの本には書かれているのであるから。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示