サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ポポラさんのレビュー一覧

ポポラさんのレビュー一覧

投稿者:ポポラ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本のだめカンタービレ 5

2003/04/06 14:55

音楽に感動しよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お話の舞台は音楽家のタマゴたちが集う「桃ヶ丘音楽大学」。
主人公は『オレ様』的性格の持ち主“千秋真一”と、『のだめ』こと“野田恵”。
本当は指揮者になりたいピアノ科の千秋。
彼は飛行機恐怖症のため、留学どころか海外のコンクールにさえ出られないコンプレックスを抱えていた。
ぐうぜん、奇人変人『のだめ』と出会ってしまった千秋は、やがて少しずつ周囲の人間に優しくなり、そして指揮者になるという自分の夢とまっすぐ向かい合うようになってきた。
また、千秋に恋心を抱く『のだめ』は、才能のまま突き進もうとする千秋に置いて行かれまいと、初めて真剣に音楽と向かい合おうとする。

マンガで音楽の感動をあじわいたい方、オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

川原泉はSFも良いのです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新井素子にも勝るとも劣らないSFの才能を持つマンガ家が、川原泉であります。

この「ブレーメンII」で川原泉が描く未来は22世紀。
宇宙開発は爆発的に進んだ未来は、慢性的な人手不足となっておりました。
そこで、川原泉が提案した労働力は、アンドロイド。ではなく、遺伝子を改良された動物達。
各動物の特性はそのままに、声帯、体格、知能を改良された動物達。非常に優秀な彼らではありましたが、彼らはその純真さゆえに、人間の嫌がるきつく危険で厳しい仕事ばかりさせられておりました。
そこで、登場するのが『巨大星間企業スカイ・アイ社』社長のナッシュ・レギオンと、一等航宙士キラ・ナルセと、大型輸送船「ブレーメンII」。
この「ブレーメンII」。キラ船長以外の乗組員がすべて動物という画期的な船でありました。

さて、優秀で純粋で明るい動物たちに囲まれたキラ船長。
川原泉の描いてきた女性主人公の中でも最高に強く優しくカッコ良く、そしておもしろい。

「ブレーメンII」を読んで、
キラ船長の勇姿に惚れるも良し。
動物達の愛らしさに心を癒すも良し。
ナッシュ社長の奇行に笑うも良し。
「くつくつ虫」やその他たくさんのSFアイテムに感心するも良し。

過去の川原作品短編の良さは言うまでもありませんが、川原泉はSF長編も良いのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示