サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 青葉さんのレビュー一覧

青葉さんのレビュー一覧

投稿者:青葉

豊かに生きていくためのヒントが山盛り,次世代に何を伝えるべきか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「山守り」のババたち,である。先祖からの生活の舞台である山を,公共事業という名の下で行われる破壊から守るために立ち上がった,言いたいことが「山盛り」のババたちだ。この本のタイトルにある「脱ダム」というキーワードに着目すると,ダム問題などの環境問題を扱った本だと思う人もいるかもしれない。確かに本書は環境問題にページを割いているが,そうした部分も含めて,この本全体に一貫して流れているのは「山の民の文化と生活」に対する筆者の敬愛の念だ。

 本書の冒頭「ババたちのアクション編」では,ダム問題を巡って動き回るババたちのパワーに圧倒される。だが,後に続く「山の暮らし編」で紹介されている,自然としっかり向かい合った骨太の暮らしぶりには,さらに圧倒される。我々は文明と称して多くのものを手に入れた代わりに,本書に登場する山の民たちが普通に持っているものをどれだけ失ってしまったのだろうと改めて思う。

 テレビやインターネットは,居ながらにして世界中の出来事を見聞きするのを可能にした。テクノロジーを駆使したさまざまな機器はこれからも生活を便利にしていくだろう。だが,山村で四季の移り変わりや自然の営みを五感で感じ,昔ながらの道具を使いこなして暮らしているババたちの生き様には到底かなわない。無数に提示される選択肢の中であわただしく生きるよりも,少ない選択肢の中でもゆっくり生きる方がいかに豊かなことか。本書はそのことを教えてくれる。こうした暮らしぶりを,次世代になんとかして伝えていけないものかと切に思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する