サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カルーソーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

カルーソーさんのレビュー一覧

投稿者:カルーソー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

現代川柳のこころとかたち斎藤大雄柳文集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は札幌川柳社主幹。現代川柳界の一方の旗頭として、北方から新しい川柳のこころとかたちを発信し続けて来たことで知られる。現在「川柳マガジン」誌に連載中の「現代大衆川柳論」は、読者である大衆から遊離した現代の柳壇に、川柳のこころとかたちの見直しと再構成、言わば川柳のルネサンスを説いて衝撃を与えている。
 柳壇では、著者のこうした主張が昨年の大病(大雄大患)から不死鳥のように甦った直後に説き始められたために、唐突感を持って迎えられている傾向にあるようだ。
 この柳文集は昭和62年から平成11年まで「川柳さっぽろ」誌等に執筆した川柳評論を収録したものであるが、読み進めるうちに、「現代大衆川柳論」が、決して病院のベッドの中で突発的に生み出されたものではなく、この期間に徐々に形成されていったことを知ることができる。
 特に「現代川柳はどのように発展し、いかほど充実してきたのか」「もう一度、川柳の中に笑いを探ってみることにしよう」「おばんでございます〜講演録から『狂句』と『風刺』のことなど」の各章は、その辺の機微を知る手掛かりとなるようだ。
 ぜひご一読を勧めたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示