サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まりりんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

まりりんさんのレビュー一覧

投稿者:まりりん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本六の宮の姫君

2003/04/23 22:21

ふと友について考えるときに、そしてもちろん謎解きの好きなあなたに

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まずは本筋とあまり関係のない作中のエピソードをご紹介する。
主人公の「私」は、朝、ある新聞記事を目にする。
サントリー美術館所蔵の、祇園祭を描いた屏風絵が、実は長く続く襖絵だったことが分かった。その右側に続く襖絵はケルン東洋美術館にあり、その左側の更に左半分はニューヨークのメトロポリタン美術館に、右半分はオハイオ州クリーブランド美術館所蔵の屏風につながり、全部並べると綺麗に風景がパノラマをなすのだそうだ。読後、彼女は言う。
「これはもう、浪漫である。低血圧の薬になる。目が覚めた(本文引用)」
離れ離れになった断片が、あるべき場所に配置された時、忽然と浮かび上がってくる一枚の絵。これぞ謎解きの愉悦である。
彼女はこの種の浪漫に敏感な、愛すべき女子大生なのだ。
シリーズ3作目の本作で、そんな「私」が円紫師匠の知恵を借りて取り組む謎は、かの芥川龍之介が著作『六の宮の姫君』に関して自ら語ったという言葉。
「あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ」
この謎解きは、芥川が「私の英雄」と呼んだ人物の思わぬ一面をも暴き出すことになる。
人生の明暗が交錯し、決して軽くはない内容だが、「私」の視点が、読後感を爽やかにしてくれる。
扉には「GATEWAY TO LIFE」「友に」とある。
「私」と同世代の学生の門出を、教師として多く見送ってきたであろう著者が、良き友に恵まれ豊かな人生であれかしと、ひそかにエールを送っているように思えるのは私だけだろうか。
もちろん、推理ものとしても楽しめる。近代日本文学初心者には、芥川を紐解く手引書ともなるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わすれられないおくりもの

2003/04/14 09:38

切ない別れの傷跡を癒してくれる絵本です

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

別れは突然にやってきます。
どうして、行ってしまったのだろう。
どうして、もう会えないのだろう。
あんなに楽しかったのに。
もっと一緒にいたかったのに。
たくさん話したいことがあったのに。
そして、また涙。
そんな尽きぬ思いを抱えている人に。
誰かを重ねながら読み進み、最後のページにたどりつく頃には、悲しみを感謝に変えて、笑顔で歩き出す勇気が芽生えているかもしれません。
初めての別れを体験する子供に、こんなふうに語ってやれたら、と思わせる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示