サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. SEIYUさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

SEIYUさんのレビュー一覧

投稿者:SEIYU

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電車男

2004/11/12 18:26

「負け犬」と「電車男」は同じでは?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

売れてる理由が「負け犬の遠吠え」と同じだなぁと思う。年頃でモテない(またはモテなかった)人を正当化する物語。

“負け犬”って「結婚できなかった敗北感」からどうしても逃れられない気がする。どんな理由も言い訳に聞こえてしまうし。でも、そんな敗北感は、プライドがあるので人には絶対見せたくない。だから語感が良くて気持ちを隠してくれる“負け犬”という言葉が、共感されてヒットしたんだと思う。

同じように“電車男”は「モテない男でもシンデレラストーリーが待っていることもあるんだ」「だからさえないオタク男でもいいんだよ」というメッセージ。女性からするとモテない男を正当化するなよ〜と思ってしまう。だから「俺はモテないけど、モテるように頑張るぞ!」と思う人は、この本読む必要ナシ。

それにしても2004年のヒット本のうち2冊がモテない男と女の物語って、世の中終わってんじゃないかと思うなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示