サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. unifuraさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

unifuraさんのレビュー一覧

投稿者:unifura

15 件中 1 件~ 15 件を表示

楽しい入れ替わりTS

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

繊細な描写で少女やBLレーベルで見かけた木下蜜柑が少年ジャンプのラブコメで大成されるなんて思いもしませんでした。
この作品の続編への待望は少年誌でのヒットに断ち切られたような複雑な思いを抱えていましたが、新装されたことで再読できました。
美少女の肉体に同性(男子)に無防備な男子の意識(霊)が入ったら__というエロスとコメディの性的倒錯が楽しめる作品です。
当時から少女の肉感や話がエロチックで少女向けっぽくないように感じていましたが、絵のクオリティも高くひたすら楽しい話ばかりでした。
中に入る男子が違うたびに違うツボを備えたかわいさを発揮する「あかねちゃん」。あかねちゃん本人(霊)はずっと出奔したままなんですがw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終巻。面白かった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

天才ファミリー・カンパニー、のだめカンタービレ、以降特異な世界と個性的なキャラのコメディと恋愛が絶妙な二ノ宮さんの持ち味が出た作品を待ってました。

日本ではニッチな世界で目新しく、少しPCいじりが好きなだけの人間でも楽しめました。

結局ハナは男を上げる女だったんでしょうね。ボッサンも奏もすごくいい男です。
ただハナが選んだ彼とは恋愛感情なのかどうかが最後まではっきりせずちょっとモヤっとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ずっと面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

結月の兄ちゃんのアルバイト先に入る鹿島くん。
相変わらずキャラがわちゃわちゃしていて面白いです。
「俺様ティーチャー」と同じく高い画力と爽快なギャグはテンポがよく笑わせてくれます。
作中の野崎くんはベッタベタな少女漫画が作風なようですがともかくプロ意識が高い。コミックスのおまけページなど作者あるあるなのか。
野崎くんと真由くんの「妹」がかわいいです。長男不憫w

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アイヌ文化と変態キャラ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初期は不死身の元陸軍兵士の青年とアイヌの少女がさまざまな敵とアイヌの埋蔵金をめぐって囚人の刺青を奪い合う冒険活劇、だと思っていました。

最近ではほっこり狩猟生活だとかグルメだとかアイヌ文化が楽しい文化的マンガに。
もちろん本筋もしっかりと進んではいますが、主要ではないキャラクターが個性的すぎて味わい深い。
軟体体質のやられキャラ白石、自分の死を想像してエレクトする殺人鬼辺見、弟の耳を弟がわりにしている二階堂、性欲の化け物牛山、血をすすり若く美しい家永、などバラエティ豊かな変態が出てきました。今回の江渡貝もかなり濃いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヨリックの饗宴

2003/11/29 17:00

ドクロノピエロ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

顔立ちがそっくりな兄、自分、甥。兄は弟が大事で息子が憎悪のたいしょうだったが、ふびんな甥を溺愛し、兄への思慕も消えてはいなかった。甥は虐待した父を憎んでいる。そんな三人の関係がぞくぞくしました。
失踪した兄の影を追う何者かもいて、秘密をさぐる過程に引き込まれます。

隠された秘密は現実社会においてはどこまで影響があることなのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大ヒット作家の過去作

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「あかねちゃんOVER DRIVE」と同じく河下水希さんの桃栗みかん時代の新装版です。新装版といっても初期の発行物と全く変わりません。しかし手に入れそこなっていた人には嬉しい再出版です。

忍の頭領の娘でありながら決められた許嫁は嫌、と抜け忍(家出)となった楓は人里でフツーのひょろっこい青年を好きになる。
自らより強い婿をと豪語していただけに、このままでは認められない。追手や許嫁候補も現れる。

この作品もかわいくてとても面白いのですがあかねちゃんと同じく未完(?)のような終わりです。
正直ジャンプのハーレム漫画に移行するよりもこういう作品を描き続けてほしかったとは思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

奪われた太陽

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「星」イエイツに支配された「太陽」アレイスター。
最強で最高に頼もしいタブロウを奪われたことで最悪の危機に直面するサツキとレディ。
更に創造人の心臓を食べて人間になったタブロウが存在する?? そのためにサツキの心臓を狙う「星」。
被造物である鎖から逃れようとしているというだけではない歪みと狂気を見せる「星」。彼の歪みは創造人の一部なのか彼自身のものなのか__。
人になったタブロウの話はレディを苦しめます。出生もわからず確信のみで直進してきたレディに初めて疑問が生まれたのかもしれません。
忠実な「女教皇」にも豹変する前管理人の、内側にないものにあらためて彼女が存在する異常性が浮き彫りになります。「死神」と彼女の真実もそろそろ明かされるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ユルールとシュトヘルが決めた未来とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

相変わらずシュトヘルの体に現れているのはスドーの意識です。殺伐とした世界においても戦以外を知っているスドーの存在にはつくづく癒やされます。
死人が多いだけに金国で死に別れた思っていたと彼が生きていたのは嬉しかったなあ。その彼と同じくスドーは人のよい「男」にモテますねw
スドーが繋いでいても尽きようとする命とユルールの意志がたたひとつの道へと至らせます。二人とも分かり合って迷いがなかったことが素晴らしくて悲しくいです。「文字」はどこで生き残るかはまだ分からず、今後の展開も目が離せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

国家兵器?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本では公的機関お抱えの天才ハッカーやホワイトハッカーが少ないという印象があります。来るべきサイバーテロに果たして現実に耐え得る備えがあるのか。

重度のコミュ症でキョドリり不審人物が本領を発揮するところに興奮するのですが、国家に危機を救い防衛兵器に国家認定されたような是枝がこれからも自由でいられるのか。

今回是枝を飛躍させたサイバーテロですが、是枝を活躍させるためとはいえ状況が一気にインフレしすぎではないかと心配になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本たぶんねこ

2016/10/18 05:17

縁続きの物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近では人社会に適応して若だんなを相応に見守るのが板についてきたかに見えていたので、久しぶりに兄馬鹿二人が豪腕を振るう様が楽しかったです。

縁談がテーマの話も盛り場の親分、禰々子河童、と縁が続いているのが面白いです。

畠中さんの作品は剣戟が主だった時代劇とは違い、今の時代に共通する江戸の営みが読み手を引きつけます。不平不満・理不尽がありながら保護や庇護があるわけでもない人々は、自分たちと似通いながらもずっと現実的であることがほのぼのとした物語の芯になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大尉の盟約 下

2016/09/20 21:27

愛されキャライワンがついに結婚

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

容姿も血統にも恵まれ女性関係も豊富でどちらかといえばお調子者の印象の強いイワン。
それでもことの起こりはヴォルの男らしく紳士的な行動で救った女性が実はやっかいな素性だったという、イワンらしい展開です。
イワンは付き合う女性全てをヴォルレディに想定しなければならなかった従兄弟とは違い、なるべくしてなったという感じです。
ただし彼女の側の親族もかなりやっかいで。面白かったです。

原作者も絶妙な和訳をされる小木曽絢子さんもかなりお年を召されているので、未訳の作品がいつ出版されるのか焦燥感に駆られます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀光騎士団-フロストナイツ-

2016/09/20 21:01

王道復帰

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タザリアが大好きでスズキヒサシに嵌まり、過去作も読んでますます好きになりました。本格的ファンタジー作家なだけにライトノベルでの出版はほとんどが未完で終わっています。
ハーレム学園ファンタジー「魔法戦争」でラノベの王道を書き切りアニメ化まで果たして(面白かったですが)作風を完全に変わってしまったのかと。

危惧だったようで久しぶりの王道ファンタジーを楽しめました。
タザリアほどの強烈なキャラはいなかったものの、不遇ゆえに力を得て世慣れているように見えて、やっかいごとに関わってしまう主人公に好感が持てました。

ですが主人公がどういう人間かが明かされると1巻ではあまり山場がありませんでした。主軸となる主と騎士の側に強烈なものが欲しいです。恋愛感もリネア様やアンブロシアーナのようにシビアなものではなく、未成熟でヤキモキします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タブロウ・ゲート 17

2016/09/19 17:38

こじらせすぎ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

レディが氷川邸で危機に陥り、この物語を最も拗らせまくっている「星」が「太陽」に捕獲されたところからです。
「星」のもっともタチの悪いところはか弱く、麗しく、無垢に見えるところ。タブロウたちも彼が創造人を殺したと聞いても複雑な感情に裏打ちされたものと捉えるのか、許さないという雰囲気はありません。気力が尽きたような「星」様子に一応の結末を見せるかに思えたのですが__。信念のあるヤンデレはやっかいです。
寂しがりの気の優しい「運命の輪」が何故あんなことをしているのか。まだまだ謎が解けません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しいwww

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

魔界は全国民がチンピラっぽいとは思っていましたが全魔界人が対グリムに一発かましたるーーなノリがすごく楽しいです。当事者意識が高い、わけではなくインスタグラムであげたりお祭り状態、しかし敵は魔力無尽蔵の最強魔王です。
修行しても及ばない「強さ」に主人公の存在意義が脅かされていたようにも思えましたがふっきれたスタズの秘密兵器が__。当初から楽しい作品でしたがこのまま最終回まで突っ切ってくれそうでとても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青髭の求めたもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オルレアンの乙女と戦った少年愛者の猟奇殺人鬼。
「青髭」のもととなったとされる有名な人物ですが、人によっては信奉していた聖少女が魔女として焼かれ神を呪ったとか、もともと血に飢えた異常者だとかで描かれるのはよく見ます。
宮脇さんの描いたジル・ド・レは淡々としていていまいち強烈な印象がありませんでした。

一度垣間見た神聖をもう一度感じたくて冒涜行為にふける。しかしただ流されるだけの人物だったようにも見えます。
宮脇さんが描くならばもっと背筋の凍りそうな物語であってほしかったです。中世の雰囲気は不穏でよかったです。

収録された現代サスペンス「夏の恋人」のほうが宮脇さんらしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示