サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あすらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

あすらさんのレビュー一覧

投稿者:あすら

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ユーベルブラット 0

2005/10/18 10:15

少年好きのダークファンタジー

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

0巻からのスタートは大変珍しいですが、主人公けケインツェルの復讐劇の始まりより前の話になるからです。
かつて皇帝より14人の若者達が闇の異邦(ヴィシュテヒ)の侵攻を封じる使命と聖なる槍を与え、送り出された。
使命の途中で3人の者たちが命を落とし、
4人の寝返って討たれた者たちは”裏切りの槍”と呼ばれた。
そして7人の凱旋者たちは栄誉を得て”七英雄”となる。
20余年後
討たれたはずの”裏切りの槍”が首謀者アシェリートの紋章を掲げ”黒翼剣軍”となり、辺境を荒らしまわっていた。
妖精の耳と羽あとのある少年ケインツェルは黒翼剣軍と出くわし、川に落ちて村の姉弟に助けられる。反逆者に対抗するため『黒い剣』の使い手を捜す辺境伯の代官。穏やかな子供にみえるケインツェルだが”裏切りの槍”に対して秘めた強い怒りがあった。そして”七英雄”にも。
ダークファンタジーで主人公の容姿にも秘められた復讐にもはまりました。今の姿になる前の話も載っていて更に深みがましてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示