サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ケンタッキーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ケンタッキーさんのレビュー一覧

投稿者:ケンタッキー

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本白の十字架

2010/09/29 15:17

凄まじい小説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壮絶なる物語である。主題はヒマラヤ登頂と殺人。刑事の妻が陵辱された。そして子どもが生まれる。名前は美香。父親は誰なのか。時に山が、時に殺人が。双方は微妙に絡み合う。登山の過酷さ、殺人を追う刑事の苦悶。これらが丁寧に語られる。読書中、ある時は山を忘れ、ある時は殺人を忘れる。読みながら不思議な気持ちにさせられる、しかし凄まじい小説である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オクシタニア

2003/07/25 21:15

宗教と人間

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の小説を読むのは実は初めて。新聞の広告を見て買った。異端、とりわけカタリ派には興味があった。語り口ゆえにのめり込んでしまった。キリスト教の異端と正統との確執。はざまに漂う人間。そしてひたすら政治的な人間。男と女。王と庶民。相反する人間達。混然とした世界。それらが圧倒的スケールで描かれる。宗教とは何か、そんな問いは愚問。善か悪か、それもまた愚問。終末は圧巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陰摩羅鬼の瑕

2003/09/16 21:25

苦痛から歓喜へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

重厚、まさにその一言。途中は苦痛でさえある。この書には、氏独特の軽妙さが無い。従って、ファンであるがゆえに挫折する可能性を秘める。読む課程は厳しい登山に似る。景色を楽しむ余裕など無い。ひたすら頂上を目指す。そして、ついに絶景。ただ感動するばかり。休むこともなく来た自分を責める人は多いだろう。挫折した人も多いだろう。ゆっくりと、ゆっくりと読み直した。そうしたくなる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本クオ・ワディス 上

2003/09/25 21:08

ローマへ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某新聞のコラムを読んだのがこの本を手にする契機。何と、19世紀末に書かれたという。その新聞を手にしていなかったら、おそらく一生読むことはなかったであろう。そう思うとぞっとするばかり。時は西暦60年頃。所はローマ。ネロが皇帝であった。言わずとしれたキリスト教の弾圧がある。主人公はローマの高官。徐々にキリストの教えに傾いていく。パウロが、そしてペテロが、弾圧されるキリスト人を導く。ありきたりと言えばそれまで。しかし、醸し出される香りは高い。ペテロが聞く“クオ、ワディス?” そして彼が答える。“ローマへ”。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示