サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マンモスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

マンモスさんのレビュー一覧

投稿者:マンモス

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本僕はアメリカ人のはずだった

2003/04/25 23:54

私は“誰”のはずだった?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ひと昔前なら、その時代を象徴するような作家がいて、その作品を読むことにより、他者との一体感を味わったり、自己の内面と対比したものだ。しかし現代においては、多種多様な価値観が巷に氾濫しているけれども、その内容の濃さは著しく薄まっている。しかし本書の著者であるディヴィッド・ムラの語る言葉には、真摯に自分自身と対峙する力強さがこもっている。日系三世である彼は、アメリカ人にも日本人にもなりきれず、一世と二世の葛藤をまるごと引き受けたかのように苦しみ惑う。その姿に自分を重ね、そして引き比べていくうちに、様々な思いが沸き上がり、深く考えさせられた。ノンフィクションだけれども、重厚な純文学を読んだ気分になる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示