サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. きょんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

きょんさんのレビュー一覧

投稿者:きょん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本夜の静寂に

2004/03/08 19:50

やっぱりコージーが好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『主婦探偵ジェーンシリーズ』で有名なジル・チャーチルのグレイス&フェイヴァーシリーズ2作目です。
世界恐慌で無一文になった有閑階級の兄妹が疎遠になっていた大伯父から広大な屋敷を相続したものの、現金収入はまったくなし。さあ、どうやって生活していくか。そこで考えたのが、有名人をお客に招き、それを目玉にかつての有閑階級の友人達を有償で招待(?)し利益を上げようという企画。
幸い有名作家の一人をゲットしたものの、尊大な態度に雰囲気は最悪。そのうえいずれも一癖ありのお客達が巻き起こすトラブルの果てにとうとう殺人が…! 殺人事件が解決しないと、いつまでもお客をもてなさなくてはならず利益が無くなってしまう、というきわめて切実な理由で兄妹が調査に乗り出します。
推理小説としては、トリックがあるわけではなく途中で犯人も分かってしまいそうですが、この小説の魅力はそれだけではありません。主人公二人を巡る一癖ありげな登場人物が、とても魅力的に描かれ、世界恐慌当時の暗い背景をものともしないたくましさがあります。第一次世界大戦と第二次世界大戦の間と言う不安定な時代背景のため、ジェーンシリーズのような脳天気さはありませんが、そこはジル・チャーチル、暗くなりすぎずにまとめています。コージーミステリ好きなら是非!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示