サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. べべさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

べべさんのレビュー一覧

投稿者:べべ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

Xの悲劇

2003/05/01 00:44

ドルリイ・レーンに「かっこいい」以外の言葉が見つからない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私はミステリー小説というものを誤解していた。
そりゃあ中学生時代に『密室トリック100』(そんな本があるか知らないが)
みたいな本を読み漁ってミステリー小説一丁上がり、と思っていたら
誤解もするだろう。つーか、誤解ですらない、か。

そんな私が知人と「これ読め」『ミステリーはちょっとなあ』「いいから読め」
なんて会話を交わしてた2週間後には『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』
『ドルリイ・レーン最後の事件』を読み終わってた。
『Xの悲劇』のドルリイ・レーン初登場シーン、これはシビレル。
『Yの悲劇』の知名度のせいでそれだけ読んでお終いではもったいない。
是非、『Xの悲劇』から読む事をオススメする。
それがダメなら四部作全部駄目であろう。
しかし、『Xの悲劇』を読み終えた直後、本屋に走るあなたの姿が私には見える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

嗜虐性と虚弱性

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋のサブカル本のコーナーでふと手にとって読み出すと、
10ページ辺りで「しまった」と思った。
その「しまった」は要するにもったいない事をした、と。
面白いのである。軽いのである。読みやすいのである。
メールのような文章。時々出てくる男言葉が言い切りで心地よい。
内容的にもSMに興味がなくても(そういう人が読もうと思うかという気もするが)
とても楽しめる。
若干、自己評価がセンチメンタルに卑下しててしめっぽくもなるのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示