サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. sagaさんのレビュー一覧

sagaさんのレビュー一覧

投稿者:saga

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本死体が多すぎる

2003/06/06 16:38

高潔の人、カドフェル

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 元十字軍兵士の修道士が殺人事件の犯人を探るミステリー、『修道士カドフェル・シリーズ』の第2作。

 十二世紀のイギリス、女帝モードとスティーブン王との戦いで捕虜となり処刑された94名の兵士。カドフェルは兵士の遺体を弔う仕事を引き受ける。しかし、死体の数は95。余分な死体はどれ? それは誰? そして、それを紛れ込ませたのはいったい誰なのか。

 犯人探しだけでなく、修道院の生活、カドフェルが丹精込めて育てる薬草、ときおり思い出す十字軍時代の出来事などが興味を引く物語だが、今回はそれにふたつの恋物語がからみ、しかも話の展開がスリル満点。さらに、まったくそれらしくなかった人が真犯人という展開は第1作『聖女の遺骨求む』と同じなのに、今回もすっかり騙された。

 カドフェルのセリフには、心に残るものが多い。

「どんなときにも永遠をこの目で見ることができ、今あらわになっている不正が、小さなものにすぎぬとこの目に映るようになるには、半生を要するのだ」

(悪行は時代のせいだという貴族の娘に対して)
「どんな時代にも、人は善か悪かのどちらか以外のことはできない」

 このシリーズ、最終巻まで追ってみようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本時の娘

2003/06/12 11:16

歴史は真実?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 グラント警部は入院中。時間をもてあます彼はリチャード三世の肖像画を見てふと疑問を抱いた。王位を奪うためにふたりの幼い王子を殺したのは本当にこの男なのか? そして、警部の謎解きが始まる。
 登場人物がいい。率直にものを言う看護婦<ちびすけ>と<アマゾン>、女王のような威厳のある婦長、機知に富んだ女優マータ、警部の足となって調査を助ける人のよいアメリカ青年ブレント。みな個性的で、セリフが楽しい。特に警部とブレントの会話は生き生きとし、謎解きの楽しさが伝わってくる。ただ、家政婦ティンカーの口調「〜だかね?」、「〜ますだよ」が、この作品の古さを感じさせた。
 ブレントがこう言う。「結局、何事によらず、真実というのは、誰かがそれについて説明したもののなかにはまったく含まれていないんです」
 歴史書だけでなく、印刷された文章はすべて真実として受け取りがちだが、時には疑ってみた方がよいのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示