サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 冬音さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

冬音さんのレビュー一覧

投稿者:冬音

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本水の殺人者

2003/05/18 03:17

折原ワールドを堪能!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

折原一の特徴でもある「叙述トリック」。
この作品では十分に堪能出来ます。
騙されないぞと思っているのに騙される! 一体誰が犯人なのか?
リストのルールは一体何なのか。最後まで気が抜けない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本欲望

2004/12/16 01:58

深く切なく。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何てあからさまなタイトル。ありふれた設定…と、この本を手に取った時は思った。だけども何故か、冒頭の何行かに目を通すと、あっと言う間に物語に入り込んでしまった。
私の周りは主人公・類子の見ているものに変わっていく。性的に不能な男と精神の繋がりを求め、駆り立てる肉欲をそれだけの関係の男で満たす。自分の少ない経験から、あらゆるものを引っ張り出して、文字から目を離しては、そこにある、彼女たちの世界をイメージする。
同時に、三島由紀夫の世界も知りたくなる。恥ずかしながら、読んだことがない。「欲望」を読む上で、知っていなければいけないこともないが、読んだことがある方が、よりイメージしやすく、登場人物の気持ちにもなりやすいのに違いない。三島を読んだ後、改めて読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本冤罪者

2003/06/12 02:02

一体何を信じたらいいのか。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全く折原一にはやられっぱなしだ。まるで騙し絵のようなストーリー。
最後に解る、一つの結論に達するまでに、作者に翻弄されるようにAから見たりBから見たり。果たして容疑者は本当に犯罪を犯したのか? だとすれば、一体どこまでが真実なのか?
どれだけ冷静に考えても、もっと冷静な作者の繰り出すストーリーに振り回されっぱなし。最後の1ページを読むまで、結果はわからない!
少しでも頭を抱えたら、あなたはもう叙述トリックの虜になっている!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示