サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 佐伯おばさんさんのレビュー一覧

佐伯おばさんさんのレビュー一覧

投稿者:佐伯おばさん

3 件中 1 件~ 3 件を表示

青山二郎の話 改版

2004/11/19 21:21

戦後の東京のオシャレ関係こんな男に惚れそう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宇野千代が好きで、こんな文庫があるんだぁと気軽に注文、届いて何となくちらっと読み始めて、引き込まれ、ぐいぐいぐい〜っと。 大爆笑しながら読んでしまい、いかん!ぞと。 この本をそんな簡単に読みきってしまってはもったいない! そういう気持ちなり、ぐっと我慢。 後日、お風呂の中で湯船につかり、私としては最高にオシャレに楽しい時間を演出しながら読みました。 優雅な気持ちになります。 アンアン少女の気分です。

 宇野千代さんは、小説家としても着物デザイナーとしても有名ですが、1996年まで生きておられました。 で、この方がもっとも元気で動き回っていた時代のお友達の記録です。宇野先生が気に入り、世にもおもしろい男 青山二郎 。残しておかなければという気持ちで本にしたそうです。 

 記録しておいていただいてありがとうございます。って気持ちです。痛快な生き方、不思議な素行、そのマジメなのか遊んでいるのかわからないような見ごとな文章。笑います。本当に。 私は、このような骨董評論家?がいたこともまったく知らなかったのですが、青山とか表参道とか東京のオシャレな場所がいろいろ出てきて、ああ、戦後のこの時代でもこういうところには、そういったオシャレで楽しい愉快で痛快な人がいたんだなぁ。と。
 でも、実際にそばにいて、付き合ったりしたら「しんど〜」と思うタイプの男かも。 東京って雑誌で読んだら刺激的だけど、実際私は住めないのである。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本地獄を極楽にする方法

2004/09/22 17:26

あなたの心の支えとしてベットサイドにぜひ1冊

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今、私 夫が失業しているのです。 パチンコにはまって朝から晩までパチンコしてます。私は商売しているので、食べるくらいはなんとかなっていますが、このままでは不安なんです。

 そんな眠れない夜のお供に美輪先生のありがたくも厳しい深い上品なすばらしい言葉が心に染みます。

 「あなたほど嫌な女はいないですね」みたいな。
 「すべての感情を廃してものごとに立ち向かうべきです」みたいな。

その言葉の鉄拳が突き刺さる度に、不安という膿がハートから流れだし、
あ〜、先生ありがとうございます。不幸なのは私だけと思っていたら大間違い。世の中なんて広くて、それぞれに悩みがあって、みんながんばっているんだ。 私も強くならなければ。

 とそんな気持ちにさしてくれます。

特徴として、すぐ読めます。 これは本として買うのはもったいないかな。とか思うかもしれません。 字も大きいですし。 しかし、これは心の支え、聖書のような繰り返し読む本なのです(表紙もそんな感じです)。
 悔しかった時、腹が立った時、元気が出ないとき、それぞれに当てはまるお言葉がいただけるありがたい本なのであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

東大卒の2人のエリートが現代社会を大いにぼやく!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日下公人氏 1930年生まれ 55年東京大学経済学部卒 卒業後日本長期信用銀行入行 取締役にまでなっちゃいます。
養老孟司氏 1937年生まれ 62年東京大学医学部卒 研究室に残って博士号を取り、東大医学部の教授になってしまうのです。

 こんな、人生の表街道をまっしぐらに賢い賢い頭で生きてきた御大が言いたい放題の対談が本になって売れてしまう。 しかも、2003年の1刷から2004年の2月には10刷にもなるのです! 
 
 私、ばかなんかもしれません。 まったくこの本の良さがわかりませんでした。 本の帯に「世の中の裏も表も知り尽くす2人が語る。バカにならないための正しい情報の読み方」って書いてあるので、つい買ってしまったのです。

 なんというのか、とてもご両人は表現が極端なんです。で、社会に対して増悪は持ってないかもしれないけど、心の底からシニカルなんです。
 そのクールな頭の良さについていけないものを感じてしまいました。

 で、対談って一つのことをテーマに議論を展開していくものだと思うのですけど、本当に酒場で喋っているような、言いたい放題で、2人の意見交換が私には微妙にずれているようにも思います。

 この本から、私はいった何を得るべきなんだろうか?と一生懸命に読みました。 で、結局は日本は諸外国に比べて優秀だから あんまり心配せんでもええよ。 というようなことかなと。 そんな風にばくっと理解してみたのです。 読後感としては、「やった〜何とか読めた〜」というのと、「ま、日本は大丈夫なんだ」というのと。 そういう感じですかね。

 もうちょっと私、修行を積んで賢くなってから読みなおしてみようかしらんと思っております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示