サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニコンさんのレビュー一覧

ニコンさんのレビュー一覧

投稿者:ニコン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

地球礁

2006/10/06 21:14

少年少女の冒険物のような

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 6人(7人)の異性人の子供たちが人類を皆殺しにして世界征服に乗り出す話です。異様だし、グロテスクであるにもかかわらず、子供たちがいかだに乗って世界征服の計画を進めていくところにはジュヴナイル小説のようなわくわく感もある。
 この異性人たちと人類の違いというのは、ちょうど動物と人類の違いに似ている。肉親の死にさほどダメージを受けないとか、魚を生で食べるとか、ためらい無く敵対者を殺そうとする(度々失敗する)といったような、彼らがなまじ姿形や言葉を話すという点で人間に似ているせいで、ぎょっとさせられるのだけれども、動物の生き方の潔さを感じさせ、根本的には彼らのほうが正しいのではと思うこともしばしです。しかも彼らが戦う人間は田舎町にのさばる卑劣な権力者だからなおのことです。
 加えて、この本は残酷な暴力描写がひっきりなしにあるのに、その反面で散文詩のように美しい描写やイメージが紛れ込んでいて思わず息をひそめてしまうこともある。
 『宇宙舟歌』の軽さと『トマス・モアの大冒険』の重さの中間的な位置を占める作品ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示