サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 宮澤 千穂さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

宮澤 千穂さんのレビュー一覧

投稿者:宮澤 千穂

4 件中 1 件~ 4 件を表示

Namazu,SQL,PHPなどにより,独自のwww検索サイトやデータベースを構築する活用法を大公開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 パソコンを日常的に使っていると,種々雑多なデータが溜まってくる。自分なりの工夫をこらし,検索しやすいようにファイル管理していたものの,完璧とはいかずに改善策を模索していた。
 そんな時,人から薦められて本書と出会い,「目からウロコ級」の方法が教示されており,嬉しくなった。
 Namazuなるあやしい名前のソフトをご存じだろうか。それは,ファイルの全文検索ができるサーチエンジンのことである。wwwの検索サイトのように,任意のキーワードを入力して検索する。特徴としては,操作が簡単,気軽に導入可能,高速検索ができることなどが挙げられる。これは,スタンドアロンのパソコンから大規模なシステムまで幅広く活用できるというものだ。
 専用検索ツール「TkNamazu」のほかにCGIを利用すると,wwwブラウザで検索および表示ができる。自分の使い勝手のいいようにカスタマイズ可能だ。検索対象となるファイルフォーマットにはまだ制限があるが,Ver.2からはPDF,Word,一太郎,Excel,PowerPointなども対象になったことでさらに汎用性が拡大されたようだ。「なんだ,画像ソフトが対象になっていないようだ」と諦めることなかれ。Namazuでだめなら,データベースとして管理する方法がある。この場合には,SED(Stream Editor),AWK,Perlといったのスクリプト言語が便利だが,ちょっとした手軽な処理ならSEDが便利だと著者はいう。
 本書では,Namazuほか,SQL,PHPを中心として全文検索を可能にするデータベースの作成方法や,スクリプト言語との連携も教示している。簡単な内容とは言えないが,著者の深い知識や筆力と編者の構成力が相まって,非常にわかりやすく解説されている。わがSOHO(Small Office/Home Office)システムのデータベース構築工事の指南書の中心となりそうだ。
 各章で紹介されているソフトやサンプルスクリプトは,付属のCD-ROMに収録されている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

DTPや印刷の基礎知識から,代表的なソフトウェアの操作方法,覚えておくべき約束事までを収めて解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 10年程前のこと,「DTPって何のことかご存じですか?」と某企業の再就職試験でたずねられたことを思い出す。「Desk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)の略です」と回答した私は,「よくご存じですねぇ」と「感嘆のお声」を頂戴したことがある。昨今でこそ,新聞の通信教育の広告でもよく目にし,ごく一般の主婦の方ですら「ご存じ」なことが多いが,あの頃はまだ「何それ?」と聞き返される「言葉」であった。
 さてさて,見よう見まねで始めたDTPだが,単なる美的センスだけではこなしきれないものだということが,仕事をすればするほど痛切に感じられる。それというのも知っておくべき知識が多岐にわたるからだ。従来の印刷知識の欠如は命取りだし,頻繁にバージョンアップするソフト,ハードの情報を得ておくことも大切。
 本書は,そういう情報を非常に読みやすくまとめている。同出版社発行のDTP関連のマニュアル本は世にたくさん出回り,「お世話になった」方も多くおられるだろう。それらの総括本,あるいはバージョンアップ本と云ってよいだろう。既にDTPオペレータをしている人にも,これから学ぶ人にとっても,バイブル的に使用できる本である。書籍や雑誌などの制作を中心に,印刷・製版の基礎知識や,紙の種類や用途,色をカラーパレットで図解説明,最新の代表的なDTPソフトのポイントなどがまとめられている。取り上げられているソフトは,QuarkXPress,Photoshop,Illustrator,PageMakerの4つ。先の3つはDTP創世記時代には,DTPの「三種の神器」と言われたもので,後続のPageMakerもQuarkXPressに並んで今は一般的存在。
 DTPに携わり,常にスキルアップを念頭におく者には,気にとめるべき情報が散乱していて,かき集めるのがたいへんだ。それだけに,本書のような「おまとめ本」は非常にありがたい。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスリーダー必見のオンライン・データベース「日経テレコン21」の活用方法を,平易に解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ビジネスでインターネットを活用する大きなメリットは,「知りたい情報」を「ほしい時間」に「必要な分だけ過不足なく」入手できることである。一つのデータベースの情報は,多ければ多いほどアクセスする甲斐があるというものだ。本書は,そのニーズをあますところなく網羅しているオンライン・データベース「日経テレコン21」の操作方法を紹介している。しかも,高度な活用法のみならず,パソコン(Windows 98)の基本操作までもわかりやすく解説。部下には今さら尋ねられない「上司の皆様」には,救世主となろう。
 第1章では「基本操作」,第2章以下では「新聞・雑誌」「企業情報・人事情報」「株価・債券」などを総括し,各章内では例題によって検索方法の詳細を掲載。たとえば,「個別銘柄株価」をリアルタイムでチェックする方法や情報を探りあてるコツなど。「日経テレコン21」利用成功例も紹介されており,これがまた良いヒントになる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ユニコード漢字情報辞典

2000/10/13 00:15

2万902字のユニコードをすべて収録した世界初の漢字情報辞典。パソコンでの漢字入力操作を支援する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ユニコードとは,世界中にある主要な文字コードの標準規格のことである。各国には,ISOやJISなどの主流規格があり,各々が異なったコードを所有する。この規格の混在が,インターネットのブラウザー(閲覧ソフト)や電子メールのやりとりで,文字化け(解読不可能な記号の羅列状態)となり,ユーザーを困らせる原因となっていた。しかしユニコードの普及により,この問題は解決されつつある。
 日本国内に限らず,ユニコードは世界中のほとんどのコンピューターですでに採用されている。したがって,ユーザーは特に意識せずにユニコードを使用していることになる。
 本辞書では,2万902字に対して,日本,中国,台湾,韓国の4カ国語の常用・人名用漢字,および簡体字を並記。これは世界初の試みである。また,各言語に対して漢字情報,原規格コード,読み情報,異体字情報を明示。パソコン操作で,漢字を含む文献処理に困った時の一助となろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示