サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひこ田中さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ひこ田中さんのレビュー一覧

投稿者:ひこ田中

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本どんどん どんどん

2001/08/02 20:08

「こどもパワー」が全開の絵本。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 こどもがいます。おしめをした幼児かな。とにかくなんだか濃いィ、ガキです。
 その子がどんどん、どんどん歩いていく。
「あるひ あるひ ひとりのこどもが どんどん どんどん ゆきました」。
「こどもは わきめも ふりません まっすぐ とおくを にらんだまんま どんどん どんどん ゆきました」。
 もうその、どんどんぶりといったら、あなた、
 砂煙をあげながら、トカゲも、カモも、ヘビも、カエルも、どんどん どんどん蹴散らしていく。そのスピードとパワーのものすごさ。森の木々をなぎ倒し、フクロウも逃げ去り、電柱も、ん? おいおいモスラだって・・・。
 なんか、どんどん どんどん体もでかくなってないかい? 
 お、おおあわてで飛び出したのはガメラさんではないか。あらー、ホテルも傾いた。とうぜんゴジラもラドンも、かなわない。台風もクジラも目じゃない。
 これって、気持ちまで真っ裸な、こどもの姿。見ていてとても気持ちいい。片山の絵のパワーがそのままこの子に乗り移った、いや逆かな。この子のパワーが片山の筆を動かしている。
 この子がどこへ行くために歩いているのかって?
 そんなこと誰も知らないよ。
 どんどん、どんどん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

赤い鳥を追って

2001/08/31 17:30

アイデンティティは掘り起こすこと?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ジニー・テイラーは一三歳の女の子。家族構成は父母、伯父夫妻、兄弟が六人。その中で兄弟姉妹の真ん中にいるジニーは目立たない。本人によれば、「わたしが無口なのは(略)ごく単純な理由—わたしのいいたいことのほとんどは、すでにだれかが口にしていることだからだ」となる。一方、姉メイによれば、「いちばん変わり者で、いちばんとるに足りない、あわれなみそっかす」。
 そんなジニーは両親よりむしろ、伯父夫婦になついている。が、伯父夫婦がジニーを可愛がるのは、彼女自身を可愛がっているのでなくて、幼くして亡くした、ジニーと同い年のローズの代わりになのね。これって、つらい。悪いことに、ジニーはそれを知っている。
 また、彼女に近づいてくる男の子もみんな姉のメイがお目当て。もちろんこれも知っている。
 やれやれ。
 結局ジニーは周りの人々にとってジニー自身として存在していないみたい。
 そんな中、昔引っ越していった幼なじみのジェイクが舞い戻ってくる。彼はジニーに何かと語りかけ、プレゼントもくれるのだが、メイという「本命を射止めるまでのだし」であるかもしれないし…。母親も、ジェイクのお目当てはメイだと思っているのだから。
 ここから物語は、ジニーがいかにして、自分像を構築していくかを描いていくのだけれど、それが、家族とも、BFともかかわりないのが、おもしろい。
 彼女、地面の下に埋もれていたトレイル(昔使用されていた、古道)の一部を家の前で発見する。で、これをもう一方の端まで全部掘り起こそうと考える。何キロもあるのだから、どうせ挫折すると思っている周りを尻目に、ジニーは掘って掘って掘りまくる。
 彼女の決心はすごく固くて、トレイルがよその牧場を通っていても迂回しなくて掘っていく。
 「やり遂げる」喜びが伝わってきて、それが読んでいて心地いい。
 「わたしはちがう自分を知ってほしかったのだと思う」とはジニーの弁。
 まっすぐな物語。伯父夫妻がいいですよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示