サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 宮本 惇夫さんのレビュー一覧

宮本 惇夫さんのレビュー一覧

投稿者:宮本 惇夫

3 件中 1 件~ 3 件を表示

拒税同盟

2001/03/29 18:16

年貢の如く取り立てられ,余りにも無駄に使われ過ぎているこの国の税金に対する著者の怒りの書でもある

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は,政府の税金無駄使いに業を煮やしたある1人の中年男が,会社を辞め仲間と拒税運動を展開する姿を活写した小説である。読んでいて溜飲が下がる,胸がスカッとする。
 諸君,考えても見たまえ。中央政府,地方自体合わせて650兆円の借金,特殊法人という名の役人天国に注ぎ込まれる予算が年間4兆円。さらにウルグアイ・ラウンドに伴う6兆円もの農業補助金,銀行の不良債権処理のための60兆円もの資金枠,といった具合に我々の税金は湯水のごとく蕩尽されている。我々ビジネスマンは毎日,10円でも安いランチを探してビジネス街をうろついているというのに,である。脱税いや拒税したくなろうというものだ。 
 物語は『拒税のすすめ』を書いて会社を辞めざるをえなくなった主人公が,仲間を集めて拒税同盟を組織し,拒税運動を起こすことから始まる。拒税にはまず確定申告を拒否しなければならない。マンションは友人に売却して借りた形にし,財産は金の延べ棒に変えて隠す。税務署に尻尾をつかませないよう万全を期し,納税拒否に出る。その一方で,インターネットを使い一般に拒税を呼びかける。案の定,彼は国家権力から狙われ,挙句は地検特捜部に逮捕されるが,それは別件の外為法違反の容疑でだった。
 しかし,主人公達が火を付けた拒税運動は政府や自治体自体を“税金泥棒”と呼ぶほどまでに盛り上がる。結局,国家権力は主人公を本来の狙いとした刑法や国税法違反で起訴することができず,外為法違反のままで起訴せざるをえなくなったところで,この小説は終わる。拒税運動は国家権力に勝ったのである。
 税制という専門的なテーマを分かりやすく読みやすい小説の形にした著者の試みは成功だ。留置所の中の描写もリアルで臨場感に溢れている。実際,いまの日本は拒税運動を起こさねばならぬところまで政府の堕落は進んでいる。為政者に是非読ませたい本である。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スーパーヘビーユーザーを引き付け,おもてなしすることが,eコマース,eビジネス成功の秘密と心得よ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「数理マーケティング」の権威として知られる著者が書いた,eコマースのマーケティング本だ。
 著者はインターネットを使った小売業,すなわちeコマース,eビジネス時代が3年後には到来するといっているが,その時代のマーケティングはどうあるべきかを論じている。
 著者は商品の「購買頻度マトリックス」と「単品マップ」を使いながら,eコマースで売れる商品とは何かを探っていく。
 そしてeコマース・マーケティングのカギを「スーパーヘビーユーザー」と「ロイヤリティ」という2つのキーワードに置く。
 前者は,近年急速に増えつつある購買頻度の高い客の意だが,eコマースはもちろん有店舗販売にしても,そういった客をいかにおもてなし(ホスピタリティ)していくかに,今後のマーケティングのカギがあるとの著者の論は傾聴に値する。
 ホスピタリティがロイヤリティ(忠誠心)を生み,それがスーパーヘビーユーザーとなっていく。
 大きく変わりつつあるマーケティングを,数理的にとらえている点は説得力がある。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

車内や車窓の景色の中に垣間見える,経済の浮き沈みや産業構造の変化,消費トレンドのおもしろさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 取材や講演などで新幹線を利用することが多い著者の,車窓から見た沿線風景や車内でのひらめき事をまとめた本だ。新幹線の車窓から沿線の風景を見ているだけで,これだけの本が書けるということは,それだけ多くの企業や都市を取材しているということだろう。
 地域経済論,マーケティング論,新幹線出張術などが盛り込まれているが,ビジネス書というよりはビジネス・エッセーだ。
 新幹線車内販売で「景気快福ケーキ」が売られているとは驚きだが,著者はそれを見逃さない。また名古屋駅名物の「赤福」のマーケティングを突っ込んだところもさすがだ。「赤福」はいつもうずたかく積み上げられて陳列されている。それは目立つことと新鮮さを訴えるためだという。愛知県沿線のビニールハウスから,時間多消費産業の有望性を発想するところもユニークだ。これからは可処分時間が増えてくる。ガーデニング,ペット・ビジネスの成長はその一つの表れと著者はいう。
 ただマーケティングへの言及は全体の一部。もう少し材料が欲しかった。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示