サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 日経BP社*さんのレビュー一覧

日経BP社*さんのレビュー一覧

投稿者:日経BP社*

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本ムッシュ!

2002/09/09 14:52

「ムッシュ」ことかまやつひろしが、自らの語られざる半生を初めて明かす

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「ムッシュ」ことミュージシャンかまやつひろしが、戦後のポップス音楽史の裏表と自らの語られざる半生を初めて明かす異色の読み物である。60年代、グループサウンド「ザ・スパイダース」の名曲の数々にしびれた中年ファンにとっては、まさに待望の書。いや、青春挽歌のヒット作「我が良き友よ」くらいしか印象に残っていない門外漢も、多彩な群像を通じて知る芸能界の内側は時代と世相を映して新鮮な驚きに満ちており、興味をそそられよう。

 99年にあった2つの出来事から本書は始まる。年初、親友ユーミンの発案で開かれた60歳還暦祝いの会。堺正章、田辺昭知らスパイダースの元メンバーをはじめ、吉田拓郎、泉谷しげる、井上陽水、森山良子といった面々が総勢150人も集まり、飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。「うまくいったね」本人はユーミンと抱き合って泣いたが、生きながら葬式を出されたようで、そのあと「しばらく何をする気にもなれなかった」

 年末、NHK紅白歌合戦に堺正章らと組んだバンドで初出場。スパイダース時代には「あんなもの、出るか」と突っ張っていたが、「いいんじゃないの、知名度上がるし」OKした。「でもやはり照れくさかった」 いずれも、著者の人柄を想像させるエピソードだ。

 父親は日系二世のジャズマン、ティーブかまやつ。子供のころから進駐軍放送のジャズを聞いて育ち、やがてカントリー&ウエスタンにはまる。高校生にして、ジャズ喫茶、米軍キャンプを演奏して回る日々。プロデビューは19歳の時、小坂一也のワゴンマスターズ入り。このころ、水原弘(黒い花びら)、井上ひろし(雨に咲く花)とともに「3人ひろし」と呼ばれたこともある。ロカビリーへの違和感、放送禁止となったデビュー・シングル、親友赤木圭一郎ゴーカート事故の真相、六本木族の仲間たち…夢と迷いの時代だ。

 ハワイへの逃亡、アメリカ本土放浪を経て、ザ・スパイダースのメンバーに。ビートルズへの傾倒、「夕陽が泣いている」の大ヒット、来日したビートルズとの共演を拒絶。世間の人気と自分の理想とのズレに悩んだ当時を率直な口調で語る。ここから、かまやつ音楽の神髄をつかみ取るフアン読者も少なくないだろう。交友・知友関係の広範囲なこと、抜群の記憶力にも驚かされる。

 著者、いまなお現役。音楽のことだけを語り、構えた人生哲学を披露したりしないところに好感が持てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般人がどのようにして「社会力」を身につけていったら良いのかをアドバイス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この世の中、本番に強い人間がいれば、弱い人間もいる。スポーツであれ、勉強であれ、ビジネスであれ違いはない。そして、「実力はあるのに本番になるとダメ」と悩んでいるのが大多数ではあるまいか。スポーツ医学の専門家である著者が、勝者に備わる精神力を「社会力」と名づけ、興味深い実例をあげながら人それぞれの「強い生き方」をアドバイスしてくれる。

 敵味方、勝者敗者、守るべきルール、プレッシャー、運不運……スポーツの世界は現実社会と驚くほど似通っている。スポーツを社会の縮図と捉えて、著者は一流選手たちの「実力を最大限発揮する力」すなわち「社会力」を探ってみせる。
 「結果」にこだわらない水泳のイアン・ソープ、ライバルを応援するゴルフのタイガー・ウッズ、「感情の乱れ」を徹底排除する大リーグのイチロー、ライバルに感謝するマラソンの高橋尚子。いずれのケースも、強靭な体力、天才的技術力をもう一つ超えたパワーの秘密を鮮やかに伝えている。

 では、天才でもプロでもない一般人がどのようにして「社会力」を身につけていったら良いのか。著者の提唱は別に奇矯なものではない。むしろ真っ当な印象を受ける。キーワードは「快」だという。「楽しい」「うれしい」「感動」といったポジティブな感情であり、これこそが人間行動の基本欲求を成すという理論だ。(1)自分の変化と成長、学び・発見の喜び、(2)他者とのコミュニケーションと好意の感情、(3)未来の目標達成イメージなどがポイントとなるが、受け取り方は読者個人によってまちまちであろう。

 手軽なマニュアルを求めては当てが外れるだろう。むしろ自分を見つめ直すことから始めなくてはならないのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

52歳で会社を辞めた著者がすすめる、第2の人生への「再設計計画」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 デフレ、リストラ、再就職難……中高年サラリーマンを取り巻く環境はきびしさを増す一方。だが、もはや会社は頼るに足らない。60歳定年という保証も揺らいでいる。「中年いびり」は「学校のいじめ」と並んで一般語となってきた。あなた、これ以上会社に留まっていて大丈夫ですか。
 いっそ、50歳で退社しようではないか。50歳は長寿80年の第2のスタート。会社頼みから会社離れへの逆発想。「サラリーマンからマスターズ(達人)へ」の転身、独立だ。

 著者自身、52歳で大手出版社の役員の椅子を捨てた経験の持ち主。自ら編集長を勤めた週刊誌をめぐる担当重役との衝突がきっかけという。インターネット関連の会社を起業したが、58歳のとき突然食道ガンに襲われた。結局、手術を迫る大学病院を脱出し、独特の養生法で奇跡の生還を果たすのだが、この闘病体験が『母はボケ、俺はガン』という本になって、話題を呼んだ。最近は中国株投資や、患者サポートのボランティアまで守備範囲は広がっている。

 本書がすすめる第2の人生への「再設計計画」はきわめて積極的なものである。世の中や会社を怨んで、あきらめの隠居生活に逃避するなんていうパターンとは無縁。永年会社に預けてきた「カネ」と「健康」と「生きがい」をおのれの手に取り戻し、誰にも負けない自分の「特技」を生かした新しい仕事を始めようというわけだ。
 辞表提出から新事業スタートまで、とかく迷いがちな実践知識・手続きのガイド。資金手当てや人脈作りなど「助走期間」に心がけるべきポイント。さらに、転身に成功した実際事例の紹介。

 読者は、独特の発想と熱のこもった語り口に動かされ、思わず会社と自分の関係を見直させられるだろう。そんな魅力のある一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カルロス・ゴーンと英語を話す

2002/08/23 10:47

エリート国際ビジネスマンのコミュニケーションの極意「ゴーン・メソッド」で英語を実践的にアドバイス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日産自動車再建の辣腕ぶりで知られるカルロス・ゴーン社長のインタビューやスピーチを題材に、ビジネス英会話を学ぶという一風変わった仕立ての本だ。基本的な単語と短いセンテンスによる明快そのものの表現。エリート国際ビジネスマンのコミュニケーションの極意「ゴーン・メソッド」は、多くの英語下手にとって「これなら自分もやれる」と思わせるような実践的アドバイスとなっている。

 English is a tool like Microsoft2000 is a tool.英語は道具。これがゴーン氏の持論だ。
英語ができるできないは知性や教養の尺度ではない。人格とも関係ない。できないからといって卑下する必要はない。しかし、英語は汎用性の高い言葉だから、できたほうが便利だし、仕事も効率よく進む。日産では英語が社内公用語。その導入・普及状況が紹介されており、興味深く読める。

 ゴーン・メソッドによる英語術は、「短い文章をつなげる」「確実に伝わる単語を使う」「話を単純に」「3回繰り返す」「話す前に結論を決めておく」「各論優先」「相手の表情を見て話す」「Yes/Noをはっきり答える」など取りたてて目新しいものはない。だが、翻訳家、通訳の実体験を踏まえた著者のコメントは簡潔にして軽妙、ごく自然に実践へと導いてくれるすぐれたガイドだ。

 日本人の英語アレルギーのひとつに、発音がある。本書によれば、気にしてはダメである。英語のネイティブ・スピーカーにもいろいろあって、英国北部の人の発音と米カリフォルニア出身者の発音はまったく違うし、オーストラリア人やニュージーランド人の発音も独特だ。われわれだって、日本人訛りの英語を気にする必要はないという。英語については、こうした思い込みや錯覚・誤解が少なくないことに気づかされる。これらから解放され、英語に少しでも親しみが増せば、それだけで一歩前進といえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本検証株主資本主義

2002/06/17 10:43

日米の株式市場の実態を多角的かつ詳細に分析・検証。日本が米国型市場へ向けて改革して行く道筋を探る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本経済の再生には株式市場の構造改革が欠かせない。そのためには、米国の株主本位の株式資本主義、つまり「株主資本主義」に学べ。これが本書の主張である。
 いうまでもなく、米国では株主に対する経営者の責任を求めるコーポレート・ガバナンス(企業統治)の思想が浸透している。経営者は資本の提供者である株主の委託を受けて会社を経営しているのであって、株主価値の増大が最優先の責務。社外重役は株主に代わって経営者を評価し、企業情報を株主に公開するよう求めるための制度である。

 株価は基本的には、経営効率を表わすROE(株主資本利益率)によって変動し、優勝劣敗の選別はきびしい。日本の企業も、金融機関との株式持ち合いが崩れ、個人株主の発言権が拡大して行くといわれるが、その変化のスピードはどれほどのものだろうか。
 株式市場は本来、資本などの経営資源を効率よく再配分する機能を発揮する場である。わが国の場合、デフレ不況の下、不良債権解消は思うように進まず、新規成長ビジネスも見つからないまま、市場は機能不全から抜け出せず、個人株主の市場離散が著しい。

 本書は、日米の株式市場のシステムや企業経営などの実態を多角的かつ詳細に分析・検証し、日本が米国型市場へ向けて改革して行く道筋を探っている。企業、投資家、証券・金融機関など市場の各プレーヤーの役割と課題、年金改革時代の新たな投資家像など具体的だ。
 米国の株式投資家は7500万人、野球ファンよりも多いといわれる。個人金融資産に占める株式関連の比率は50%に迫り、わが国の10%未満を大きく上回る。しかし規模の差だけではない。読み進むほどに、日本の後進性(言い過ぎなら特異性)が明白になる。

 先の巨大エネルギー企業・エンロンの破綻をきっかけに、株主利益重視の企業経営批判の声がわが国でもあがっているが、これについては「トラックを何周も遅れたランナ—が、後ろに迫ってきたトップランナーに向かって“お前は遅れている”と言うようなものだ」という表現が何個所か出てくる。本書の提言に対する著者たちの自信でもあろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ユニバーサルデザインの教科書

2002/06/07 18:26

55項目にわたるガイドラインに基づいて、ユニバーサルデザインを検証・解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高齢者や障害者が不便を強いられることなく健常者と同じように暮らしてゆける社会。これからの施設の設計、製品の開発を考えてゆく場合、欠かせないコンセプトとして「ユニバーサルデザイン(UD)」が注目されている。
 バリアフリーは同じような意味の言葉で、ビルや駅のエスカレーター、階段昇降機、家屋内の無段差化など一般にはなじみ深いが、UDはより広い概念であり、むしろ「個々の人間そのものを尊重する」考え方だ、と本書は言う。

 われわれは長い間、便利で豊かな社会を追い求めてきたが、高齢化の進行とともに既存のデザインやモノに使いにくさ、不満を感じはじめた。一方、企業が想定する消費者像は「若くて健康で右利きの男性」など漠然としたイメージにとどまり、それ以外の層は無視されがちなのが現状だ。
 マスとしてひと括りに扱われることに異を唱え、それぞれの「個」を主張しはじめたユーザーに向けて、企業は何をなすべきか?

 UDの達成度を測る方法として、本書が提唱するのが「PPP(プロダクト・パフォーマンス・プログラム)」である。「公平」「柔軟」「簡単・明解」「事故防止」「使いやすさ」などUDの定義を基に55項目にわたるガイドラインを設定。速度調整自動ドア、低床型バス、左右両用ハサミ、点字サイン、高さ調整洗面台、自動車のバックセンサー、ハイブリッドカー、着脱しやすい靴など日常生活から多数の実際例を取り上げて、検証・解説している。
 企業が実際にUDの視点を生かした商品開発を進めるには、まずこのPPP評価法を自社の仕組みに適合した形で導入することから始まる。それを踏まえた商品開発から営業・販売、広告・宣伝、ブランド戦略、ユーザーモニター・システムまで押さえるべきカン所を具体的に述べてあり、実務家にはありがたい。

 全体を通じて図解、写真が簡潔な文章とマッチした瀟洒な造りの、一般読者も手に取りたくなる本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報システムのトラブルから、学ぶべき教訓は何か。みずほ銀行のケースを徹底検証。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本年4月、合併統合で誕生したみずほ銀行が開業早々起こした情報システムのトラブル。連日新聞、テレビが大きく取り上げ、企業や預金者などから非難の声が押し寄せることとなった。

 「合併3行の主導権争い」や「システムの見切り発車」などが言われたが、真相はどうなのか。学ぶべき教訓は何か。そこを曖昧にし、忘れ去るなら、将来同じ事態がまた繰り返されるに違いない。

 こうした視点から、みずほのケースを徹底検証したのが本書である。システム開発の失敗という直接の原因、それを防止できなかった体制の問題、その体制を生み出した経営トップの失策などが浮き彫りにされる。雑誌日経コンピュータの掲載記事をもとに構成・加筆したものだが、難解な専門用語をできるだけ排除した記述なので、一般読者にもやさしく読める。

 同誌では、合併統合が発表された99年8月の時点で、経営戦略とビジネスの仕組みを確立することの重要性を記事の中で指摘していた。結果として現実はこれと逆のほうへ展開するわけだが、今回の事故はひとり「みずほ」だけの問題ではない。わが国の企業や組織を支えてきた情報システムは、肥大化と老朽化によっていまや深刻な状態に陥りつつある、という。

 最大の問題は、多くの企業の経営トップが、情報システムの価値もリスクも現場の実態もほとんど分かっていないことだ。「コンピューターで経営ができるか」とか「技術は現場にまかせた」という遅れた認識がいかに危険であるかが強調される。

 「情報システムの問題のかなりが、経営(マネジメント)の問題であって、技術の問題ではない」(本書「はじめに」より)

 IT投資のあり方に対する、有益な示唆を含む警告の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

企業関係者の立場から見た信用リスクのとらえ方と格付けの実際

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大型倒産が相次ぐなかで、企業の「信用リスク」という言葉が目につくようになってきた。事業がうまく行かず、赤字が累積し、資金繰りがつかず借りたおカネが返せなくなる。そんな会社にはそれぞれさまざまな事情があるものだが、この信用リスクを測定しようというのが企業の格付けだ。
 本書は、企業関係者の立場から見た信用リスクのとらえ方と格付けの実際を詳細に解説してくれる。元ムーディーズのアナリストによる内容だけに、格付け会社の分析の目の付けどころ、格付け作業のケーススタディーは情報価値が高いといえよう。
 それでは、このような信用リスク重視の時代にあって、企業はどのように対処していけばよいか。資本コスト(資金調達コスト)を正しく認識し、負債と資本のバランス、財務と事業のバランスをはかること、情報公開の重要性が強調されるが、これらは従来型の企業経営にとってはきびしい発想の転換を迫るものだ。
 「銀行まかせの時代から市場の評価を受ける時代へ、ゲームのルールは変わった」株主重視の経営とは何か。企業価値の増大とは何か。経営者は真の意味の経営戦略を自らの言葉で明快に語れ、と説く著者の提言は説得力がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示