サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 福井健太さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

福井健太さんのレビュー一覧

投稿者:福井健太

3 件中 1 件~ 3 件を表示

古書店アゼリアの死体

2001/02/05 17:37

ミステリーコーナーより

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 勤め先の倒産、宿泊したホテルの火事、ストレスによる脱毛症、宗教団体の勧誘など、立て続けに不幸に襲われた相澤真琴は、気晴らしのために旅行に出た……ものの、今度は旅先で男の死体を発見してしまった。その後、ロマンス小説専門の古書店に務めることになった真琴は、またしても新たな死体に遭遇してしまう。ユーモアと毒をふんだんに盛り込んだ「コージーミステリ」の意欲作だ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

依頼人は死んだ

2001/02/05 17:36

ミステリーコーナーより

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 好評を博した「プレゼント」に続く〈女探偵・葉村晶シリーズ〉第2弾。「白黒を付けないと気が済まない」性格の持ち主である葉村晶は、様々な事件に巻き込まれて——あるいは自ら首を突っ込み——背後に隠された真相を暴き出していく。そこには人間の悪意や策謀が渦巻いていた。巧みなストーリーテリングと「毒」が楽しめる9編を収めた、今年度最高のミステリ作品集の1つである。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幽霊刑事

2001/02/05 17:28

ミステリーコーナーより

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 理由も解らないまま上司に射殺された刑事・神崎達也は、1か月後、幽霊となってこの世に蘇った。自分が殺された理由と黒幕の正体を突き止めるため、神崎は——霊媒体質の持ち主である同僚の協力を得て——幽霊の能力を駆使した捜査を進めていく。謎解きを主体にした本格ミステリとしても、幽霊の存在に気付けない婚約者とのラブストーリーとしても楽しめる快作だ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示