サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 朝松健さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

朝松健さんのレビュー一覧

投稿者:朝松健

1 件中 1 件~ 1 件を表示

旋風伝

2002/08/29 22:08

「旋風(レラ=シウ)の記」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「旋風(レラ=シウ)伝」は、かつて《ノーザン・トレイル》のシリーズ名で、月刊小説雑誌〈獅子王〉に1989年から92年にかけて不定期掲載され、『魔犬街道』『神々の砦』の二冊のノベルスとして発行された。三巻で完結予定であったが、第二巻刊行直後、バブル崩壊によるレーベル自体の収縮で、未完となってしまった作品である。
 (あと一巻で完結なのに)
 当時のわたしは悔しさのあまり設定ノートやプロットメモを全て破棄した。
 だから、今回刊行された本編は、構成からやり直したまったく別の作品といってもいいだろう。
 しかし作品のテーマは〈ノーザン・トレイル〉のままであるし、むしろ、より焦点を絞りきっている。(そのため二千枚近くになったのだが)
 テーマは、〔神話の黄昏〕である。
 神話は二つある。一つは武家社会という神話。もう一つは、アイヌの神話世界である。明治政府の「開拓」の槌音が轟く前まで、蝦夷地には神々と精霊が溢れていた。そこに暮らす人々は和人もアイヌも畏敬と畏怖をもって、そうした存在と共存していたのである。だが、蒸気機関と「近代化」の号令が神々を追い払い、精霊を殺戮していった。主人公は神話世界の終焉を目の当たりにしながら──彼も神話に属する種族であるがゆえに──蝦夷地を横断するのである。
 中断から十年。書いては破り捨て、また書いては捨ててきた作品である。
 刊行のメドがついた去年の後半は執筆に没頭した。今年の五月には、最後の三百五十枚余りを一気呵成に書き上げた。
 完成した瞬間、主人公の声が聞こえた。アイヌの板つづれ舟が納沙布の霧の彼方に消えていくのが見えた。
 五稜郭を生き延びて半年、蝦夷地の幻想と神秘に立会い、幾多の戦いを切り抜け、大きく成長した少年兵士、志波新之介──。
 新之介を描ききった時、わたしは、この十年で自分も成長していたことを知った。
 一人でも多くの人に読んでいただきたい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示