サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 赤木かんこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

赤木かんこさんのレビュー一覧

投稿者:赤木かんこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

オシギッパの森の春夏秋冬

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オシギッパの森の春夏秋冬は、ページをめくるあいだ、森の生み出す澄んだ新鮮な空気、冷たい小川の音、つま先がやわらかな水気の多い草にうづまる感触。

この絵本の舞台となった、通称オシギッパの森は、長野県と群馬県にまたがる浅間山の北のすそ野にあります。
オシギッパは、「押切際」または「押切端」と書き、200年前の浅間山の大噴火で裾野の森や林が溶岩で埋まった時にこの森の手前で溶岩が止まってそっくり残された森、という意味だそうです。
森にあるのは、ほとんど落葉樹。
ミズナラ、カツラ、コナラ、ハルニレ、クリ、トリ、などで関東地方に住んでいる人にとってはこれが“森”ですが、日本は南北に長い国なので、北海道や沖縄に生れて育った人には、これが森かあ・・かもしれません。
けれどもどんな所であろうとも、水と太陽の光と緑が命のもとです。
緑のあるところにはその地に似合った命が生まれ、私たち人間をも生かしてくれます。
この絵本は、その豊かな命の息づいているオシギッパの森の春夏秋冬を生き生きと描写してくれ、ページをめくっているあいだ、森の木の生み出す澄んだ新鮮な空気を吸い、冷たい小川の音が聞え、つま先がやわらかな水気の多い草にうづまる感触を感じたような気がしました。
もっともそれは私が信州生まれでそういう森が自分にとっての森だ、と思っているからかもしれませんが、そうじゃない人にとっても魅力的な一冊になりうるでしょう。
私がツンドラの写真集や熱帯のジャングルの絵本を見て、一度行ってみたいと思うように・・。
大きなニレの木を子どもだったらそうするだろうようにあおぎみるように描いた構図や、夜、木に囲まれた野原に寝ころがって空を見た構図を子どもたちは敏感に楽しんでくれるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示