サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 斉藤 哲さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

斉藤 哲さんのレビュー一覧

投稿者:斉藤 哲

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本プーチンの謎

2000/12/28 12:16

現時点で最もレベルの高いプーチン論で,ロシアの今後を占うための有力な手がかりになる

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本の表題と似合わぬ本格的なプーチン論。首相・大統領代行時代の行動やマスコミ等による批判と,その後の情勢推移を比較検討して,時代の要求に合った大統領の才能,資質を摘出している。著者は旧ソ連時代に反体制派の代表格として国内外に知られ,現在は左派の論客になっているが,左派勢力のプーチン批判を根拠のなしと断じ,旧KGB(国家保安委)には個人的に痛い目にあっているというのに,プーチン氏のKGB勤務経験に対する多くの批判的論評をしりぞけ,むしろ好意的に評価する。
 最近の国内経済立ち直り気配については「重要な要因」が国際市場での石油価格上昇だとしながらも「唯一のものではない」と綿密に分析している。またカリスマ性が不足しているとの指摘に反論して「プーチンにカリスマが・・・現れ始めた」とも言う。結果的に礼賛めくところがあり,また特に前半部分は著者一流の少し難解な表現があるものの,間違いなくロシアの今後を占うための有力な手がかりになる本だろう。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示