サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 佐々木 毅さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

佐々木 毅さんのレビュー一覧

投稿者:佐々木 毅

1 件中 1 件~ 1 件を表示

日経ビジネス20010122

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「憲法改革」という言葉はあまり見慣れた言葉ではない。この言葉に込めた著者の思いを一言で言えば、それは従来の改憲論、護憲論というしがらみから自由に憲法やそれを巡る諸議論を考える時代になったという判断である。著者の視点は過去の経緯にあるのではなく、あくまでも将来にある。最近の憲法を巡る国民の意識調査の内容を思い浮かべてみると、こうした本書の立脚点は今やかなりの国民の感覚に合致するものと言えよう。
 さらにもう1つの工夫として、「憲法改革」の内容を改憲手続きを取って条文を直す明文改憲という方法と、基本法などを制定して法制度を整えて憲法を改良しながら使う方法(立法改革)とに分けることを提案している点が挙げられる。こうした議論の仕方は例えば安全保障基本法の試みなどにおいてこれまでも散見されたが、これを他の領域にまで及ぼし、明文改憲とセットの形で示した点が注目される。
 具体的な内容について言えば、経済活動の自由の確立、国会や内閣の改革を通しての政治主導の確立、地方分権の確立、第9条問題、新しい人権条項や司法改革と憲法裁判といったものにまで及んでいる。これらそれぞれについてこれまでの議論が紹介され、その上で明文改憲という道を選択するか、立法改革という道を選択するかについて著者の見解が述べられている。こうした多様な問題群が選ばれたこと自体、最近の憲法論議を巡る国民の関心の広がりを反映するものである。また、「見える憲法」と「見えない憲法」という区別を行い、「見えない憲法」まで視野に入れた議論を心掛けることによって、議論が一段と分かりやすくなっている。
 将来の日本の構想を踏まえて憲法を論じようという著者の姿勢は、過去の出来事に拘った議論よりも多くの共感を得られることは間違いがない。その上であえてベテランの政治記者である著者に聞いてみたいことが2点ある。第1は、現在の日本の国会に「憲法改革」問題に類する大問題を議する力量と、そもそも時間があるだろうかという疑問である。こうした課題が登場すると政治が動かなくなり、日常の用にも事欠くようなことになりはしないだろうか。第2に、日本において改憲論、護憲論というしがらみが何故このように永続し、独り歩きしたのか、それは政党政治の体質とどう関係していたのかという点である。この2つとも「どこから始めるか」という問題に関わるが、そういう政治論も著者に是非期待したいところである。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示