サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小暮 日央さんのレビュー一覧

小暮 日央さんのレビュー一覧

投稿者:小暮 日央

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本「買わない!」技術

2001/06/11 14:34

賢いケチを自負するあなたも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。


 私はケチである。何故ケチかと言うとお金がないからである。借金もしないし、分割払いも嫌いだし、今時珍しく一切カードを持たない。カードを持たない理由は、なくすからなのだが。自分でも「やりすぎ」なくらいに徹底していると思っていたが、上には上がいるものだとこの本を読んで感心した。

 「いかに物を買わずに生活していくか」を考えながら生活するのはなかなか楽しい。こんな奴が増えればますますデフレに拍車がかかるのだろう。しかし金がないのなら使えない。いくら不景気だ不景気だといっても、お金は「ある」所には「ある」のだ。「ある」人に沢山お金を使って頂いて、お金の流通がちゃんといくようにしてもらうより他はない。私のような身分のものにはデフレを「どうこう」できる力さえねえです御奉行様(?)。いくらCMで首相に「力を貸してください」といわれたところで無力な私には何もできないんです。と軽く責任転嫁しておいて。

 普通にお金がない私達は、自分のお金の無駄な流通をくいとめていくしかないでしょう。で、この本です。「買わない!」技術。

 私はなんといってもケチなもので(ああ、なんだか落ち込んできた。我ながらそれほど連呼することもなかろうに。)「確認」の意味で読んでいました。1章の、必要な6つの考え方は、「1、多機能・新機能に惑わされない。2、価値あるモノとはどんなものかを知る。3、飽きないものだけ買う。4、買うときは、魔が指す前に、間をおいて考える。5、暮らしを10年サイクルで考える。6、カードに頼らず、現金で購入する。」で、私個人としては5以外クリアしておりました。そうです、賢いケチを自負するあなたも、確認のつもりで読むと面白いです。例えば洋服は、私は流行のものは千円台でないと買いません。すぐに着れなくなるものにお金はかけられないから、なのですが。「ベーシックな服を、質のいい長持ちするものを選び、ベーシック服とトレンド服は8:2の割合にする」とか「流行の服ではなく、ネクタイやワイシャツ、スカーフやストールなどの小物でとり入れるようにする」となると、ケチるためにはかなりのセンスが必要だと思われ、自分の勉強不足を反省しました。さっそく無料の通信販売のカタログに目を通し、知らなかったトレンドも知ることができました。冷静に考えると、確かに小物を流行のものにするだけで、10年前の服も古びた感じがまるでなくなります。着るものはそれ程お金かけていないし、と言う方も、そえ以外がまた徹底していて凄いのですよ。「家を買わない!」とか「車を買わない!」とか「外食をやめて、半調理品依存をやめる」とか「買わないで遊ぶ」とか。特に、「趣味に、お金を使わない、を実践するにはマニアックにならにこと」というのは唸ってしまいました。「多趣味を楽しむ」ようにするのが、一つの趣味に凝りすぎて次々にその趣味に使うよりよいアイテムを買いつづけるという罠から、私たちを守るのである。
 
 職人になるな、ということです。日本人は職人気質が多い気がするので、多趣味と言うとなんとなくいいかげんと思われるフシがありますが。仕事で職人気質なのは鬱病にならない程度ならいいとは思うけれど、趣味はなんといっても遊びなのだからかえってストレスになるような拘り方は捨てた方が、気も楽・財布も楽になるのかも知れません。
メーカーやマスコミにいかに乗せられずに、シンプルに生活していくかが「買わない!」技術を研いでいくことになるのです。このような文章を書き、購買意欲をそそらせるような(そうでもない?)罪なことをして、本当に申し訳ありません!でも本は「買って」下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示