サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 寒河 龍太郎さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

寒河 龍太郎さんのレビュー一覧

投稿者:寒河 龍太郎

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本日本航空事故処理担当

2001/05/07 18:17

またぞろ航空機大事故が起こるかもという,警告の書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 飛行機の事故は悲惨極まりない。だから,航空会社はどこも「安全の確保」には力を入れている。しかし,あの日航ジャンボ機の御巣鷹山事故から15年たったいま,“事故の教訓”が風化して「再発防止の監視」が形式的になり,またぞろ大事故が起こっても不思議ではない状況になっていると,著者は警告する。航空会社とそれを指導監督する立場の政府(国土交通省)の,安全管理に対する姿勢がはなはだ頼りないものになっている,とも主張している。
 日本航空という,我が国を代表する航空会社で,長年にわたって「事故処理担当」業務をつとめた人物が書いたものだけに,肌寒さを覚えるほどの衝撃を受ける。
 1982年2月9日,福岡発羽田行き日航DC8型機が羽田空港着陸直前,海上に墜落大破,乗客乗員24人が死亡,149人が重軽傷を負った。「逆噴射」という言葉が流行語になった事故で,精神分裂病の機長による異常な操縦が原因だとわかって,世間を驚かせた。著者は,この機長が5年以上も精神状態が極めて不安定で,たびたび異常な行動をとっていたのに,上司,同僚,組合,会社の医師など,周囲の関係者がほとんどなにもしなかったと指摘,「思いやり」の欠如,ことなかれ主義が事故の真因だったと説く。
 さらに,まだ記憶も新しい2001年1月31日,静岡県焼津上空で起こった日航機どうしのニアミスについても詳述している。航空史上最悪の空中衝突寸前という,背筋の寒くなるような事故だったが,これは航空管制官の混乱した指示がきっかけだった。
 著者は「安全管理体制を常時完全な形で維持するには金がかかる」ことは十分承知のうえで,「(航空会社は)旅客の命を脅かすような不安定要素を,常に事前に積極的に排除する責務がある」とし,さらに,「安全検査を行う能力がないのに安全性確認の検査を行い,事故が発生すればすべて企業側の責任にしてしまう行政官庁」にも厳しい目を向けている。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悲観は禁物,「創業者精神で道は必ず開ける」を教えてくれる本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 21世紀に入った今,私たちは「IT革命の時代」真っただ中にいる。インターネットに代表される「通信と結びついた情報技術」が日常の暮らしまで変えてしまった。しかし,こうしたIT革命は一朝にして生まれたものではなく,「電話,真空管,トランジスタ,IC,パソコン,ソフトウエアなど,20世紀のほぼ百年をかけて,人々が営々と取り組んできた技術開発の集積によって得られたものである」と著者は説く。この技術開発の足取りを,群馬県大泉町にある「工場」を主人公にして描き出した。
 この工場は敷地が1キロ四方もある広大なもので,第2次大戦の戦前,戦中は日本最大の航空機メーカー中島飛行機の小泉製作所として,零戦をはじめ数々の軍用機を生み出し,戦後は東京三洋電機(現三洋電機東京製作所)に引き継がれて家電製品と半導体生産のメッカとなった。
 中島飛行機を生み育て,日本の航空機製造技術を高めるために邁進(まいしん)した中島知久平と,日本の家電・半導体産業興隆の牽引車となった三洋電機の創業者井植歳男という2人の起業家の活躍を中心に,松下電器産業,ソニー,シャープ,カシオ計算機,トヨタ自動車など,わが国の代表的企業や,IBM,インテル,マイクロソフト,アップルなどの躍進ぶりを織りまぜながら,技術開発の歴史と,それを担った人たちの起業家精神を生き生きと描いている。
 著者自身が三洋電機で30年間,一貫して半導体の開発生産に従事してきた技術者だけに,正確かつ迫力を感じさせる日本ベンチャー史となっている。また,技術者の書いたこの種の本に見受けられがちな固さはなく,極めてわかりやすく魅力的な文章で感心させられる。バブル崩壊後の日本は,経済の混乱に引きずられて産業界も一時の勢いを失い,一億総悲観状態に陥っているが,この本を読む人はずいぶん元気づけられるに違いない。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示