サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 羽入辰郎さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

羽入辰郎さんのレビュー一覧

投稿者:羽入辰郎

1 件中 1 件~ 1 件を表示

修士時代の発見(自著を語る)

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本のアイデアが浮かんだのは、もう十二・三年前のことになる。どうしても『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(以下、『倫理』論文)の "Beruf"-(職業)概念に関する膨大な注の部分をやらなくては、と感じていた。あの部分を分かりやすく解説してくれているヴェーバー学者が世界中に誰一人としていなかったからである。ところが、真面目にノートを取って読んでいると、女房から「そんなことしても無駄よ。ヴェーバー、分かるような書き方していないから。それよりヴェーバーが使ったと言ってる資料を集めるのよ。ヴェーバー、ここで嘘ついてるわよ」と言われた。念のために言っておけば、うちの女房はマックス・ヴェーバーの研究者でもなければ、何でもない。ただの一介の主婦である。そんな女房になぜヴェーバーが分かるのか、私にも分からない。

 ここでヴェーバー嘘ついてる、とまで限定されてしまえば、あとはそれを調べることなど研究者であれば簡単なことである。そしたらゴロゴロと出てきたのである。それはヴェーバーの単なる勘違いやミスに属する類のものではなかった。ヴェーバーは完全に意図的に資料のでっちあげをしていたのである。そこには学問の神様と言うべき姿はどこにも見えなかった。見えるのは、彼もまた世俗にまみれたただの一人の男に過ぎなかった、という事実である。その事実に我々は『倫理』論文出版以来、九八年のあいだ、気付くことができなかったのである。聖人であろうとなかろうと、学問である限り、検証作業は必要であるのに、人はいったん偉人であると思い込むと真実を探ろうとする意欲すら失ってしまう。ヴェーバーの犯罪が発覚しなかったのは、ヴェーバーのトリックの見事さもさることながら、偉い学者の言うことなのだから、という頭からの思い込みと、それを唯一人で、偉くも名もない私が貧しい頭で考える、という恐怖を乗り越えられないと言うことにある。ヴェーバー崇拝には一種ファシズムに似た心理が働いていたのでは、と筆者は疑っている。

 本書の第一章、第二章はそれぞれ単独論文としてドイツ(一九九三年)とフランス(一九九四年)の代表的な社会学雑誌で発表されている。尚、ヨーロッパ側からの反駁は今に至るまでない。

羽入辰郎(青森県立保健大学教授)

この文章はミネルヴァ書房のご厚意により「ミネルヴァ通信 2002.12」より転載したものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示