サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 櫻井秀勳さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

櫻井秀勳さんのレビュー一覧

投稿者:櫻井秀勳

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本いつかわたしに会いにきて

2002/02/25 22:16

恋と人生につまずいたあなたは最適

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本でも30歳前後の女たちを描いた小説やエッセイが売れている。中でも江國香織や島村洋子、唯川恵のものがおもしろいが、この唯川恵が今回直木賞をとったのも、単なるOLの物語というより、家族をテーマにした問題提起と評価されたからだった。
 『いつかわたしに会いにきて』を読むと、アメリカでもまったく同じ年頃の女たちが、恋や仕事、あるいは家族関係の壁にぶつかりながら、それでも自分を大切に生きていることや様子がよくわかる。著者のエリカ・クラウスもまったく同年代の一人だけに、この短編集の中の主人公「わたし」なのかもしれない。
 最近の小説の傾向は、主人公の背景が描かれていないことだ。「わたし」がどこに住んで、どこに勤め、いくら収入があるかも、わかっていない。そんなことはどうでもいいのである。その代わり「わたし」の悩みや考え方、あるいは男と女の会話が、溢れんばかりに書かれている。
 この短編集『いつかわたしに会いにきて』の主人公13人の「わたし」も、人生のもっとも深刻な時間だけが切りとられて、鮮やかに人間関係が展開されている。だから、主人公の物語というより、読者自身のいまの生活が描かれているように思えるだろう。
 この種の物語は長編である必要はない。長編小説は主人公の物語であって、多くの場合、読者の生活と遠くかけ離れている。ところが近頃は、読者自身が「あっ、これは私の恋愛とそっくり」「これはいまの私の立場そのものだわ」と思うものでなければ、読む気がしない。そこで短編集のほうが、モデリングをさがしやすいのだ。
 その意味で、この短編集には、何人もの「あなた自身」が描かれている。それもユーモラスで正直な、ときには辛らつなウイットで男を責めるあなたが、そこにいる。
 この作者はこれがデビュー短編集だという。私は長年、小説担当編集者をつとめていたが、デビュー作ほど目のつまった作品集は、その後なかなか見当たらない。悪くいえばつめすぎてしまうくらいだが、それを欠点と捉えるのは文芸評論家であって、読者には願ってもないサービスとなっているものなのだ。
 また30歳前後を扱った日本の女流作家の作品は、どちらかというとウエットで、いじましいOL風景が描かれているものが多い。自分のみじめな体験を下敷きにしているからなのだが、このエリカ・クラウスの筆致は、さわやかに乾いて楽しい。主人公の深刻な話も、ときとしておかしみさえ感じるほどなのだ。
 日本の作家の小説やエッセイに物足りないあなただったら、たちまちファンになるに違いない。それに一読したら、男との生き方にも、賢く身を処することのできる大人になれることだろう。
    (評論家  櫻井秀勳)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示