サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 樋口伸子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

樋口伸子さんのレビュー一覧

投稿者:樋口伸子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本手紙、のち雨 詩集

2001/06/09 18:32

人を喰ったり、道草喰ったり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 これまで紹介した詩集は概ね、やさしく正しく爽やかで、詩人の性善説を信じたくなる作品だった。そんなのばっかり、嘘ばっかり、面白くなァい、と、そっぽ向いてる性悪ぶったあなたに、ステップを上げて、ぴったりの一冊を。
 平田俊子さんの『手紙、のち雨』は、「タイトル会議」からはじまる、自分の詩だから『自分詩』と、流行のいたって常識的なタイトルから出発して、やさしく包む柔らかなタイトルをという死んだ姉の奨めで、『風呂敷』、『プリンと毛布』。死んだ兄弟が出すのは『燃えろ新宿アカプルコ』、『プッカプー』など。家族ばかりか、死んだ猫もニワトリもおかしなタイトルが連発する。そして、なぜ『手紙、のち雨』になったのか、説明なし。
 早くもここで、面白そうと先に行く人と、タイトルにこだわって前に進めない人とに分かれるだろう。はぐらかされるまいなんて、用心して平田詩集を読むのはつまらない。
 タイトルにこだわる人なら、とりあえず、雨も手紙も思いもかけない姿で、ひょっこり、あるいはのこのこと出現するから大丈夫。とはいえ、「日々遠のいていくポスト」と題する詩では、<ぬけがらを捨てるように手紙を入れた>のに、<坂道でもない大通りをすべり出し/日々ポストは遠のいていった>という具合。
 2聯目の<不幸の手紙を/世界中に発信するのがわたしのつとめ>に、いいぞ、と思っていると、<人もポストも/親しんだあとは/遠のいていくしかないのだろうか/雨の日/傘もささずに歩いていると/死んだ弟を探しているような気分になる>。元気でおかしく、後に少ししんみり。こんな展開になるのは、作者が心から性悪ではないからだ。
 行中の言葉と心は常に歩調を合わせて動くとは限らないのだ。片足跳びでもスキップでも、後ろ歩きだっていい。人を食ったり、道草くったりする長詩を楽しんでみよう。
 著者は、前作の『ターミナル』で土井晩翠章を受賞。詩の朗読チャンピオンにもなった他、エッセイ、劇作と目が離せない詩人である。

(樋口伸子/司書 2001.06.5)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示