サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆーらりこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ゆーらりこさんのレビュー一覧

投稿者:ゆーらりこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ゴリラとあかいぼうし

2002/07/26 14:59

森にゴリラがいたよ!コンゴの森の中だよ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 アフリカのコンゴで子どもの時からゴリラを見て育ったビシームワ氏が絵を、長年ゴリラの研究をしてきた山極氏が文を担当してできた絵本です。ゴリラ語もたくさん書かれていてゴリラ語の絵本でもあります。それが、めずらしいのですが、絵本としては、ちょっと地味で説明が足りないのが残念です。本文のところにゴリラ語の説明があるほうが、わかりやすいのではないでしょうか。福音館書店のHPには今この絵本についての説明があり、巻末についている「ゴリラとあそぼう」という歌も聴くことができます。
 ちょうど同じ時期に、あかね書房から『ココ ゴリラと子ネコのものがたり』というノンフィクション絵本が出ました。これは、ココというメスのゴリラに手話を教えて会話をすることができるようになったという事実を写真絵本にまとめたものです。
 この二冊をあわせて読むと、ゴリラの会話の能力についていくらか知ることができて、興味深いものがあります。どちらの絵本にもゴリラの絶滅を心配した言葉がそえられています。少しでも、ゴリラのことを考えてもらいたいという気持ちが伝わってきます。が、どちらもごく一部のことを絵本にまとめてあるためか、かなり説明不足で残念です。もともとゴリラに関心のある人が読めばわかるのでしょうが、ゴリラ全体の様子がどうなのかその一頭だけの能力なのか、ここで見せられていることは、いつもあるふつうの出来事なのかそれとも特殊な出来事なのか、わからないのです。切りとってみせたところが面白ければいいということかもしれませんが、わからないので面白さももう一つです。
 でも、ゴリラの本を集めて読んでみるのは、とても面白そうです。野性のゴリラの生活と動物園のゴリラの生活はまるで違うわけですし、知らないことが沢山あります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示