サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 東京書籍編集部さんのレビュー一覧

東京書籍編集部さんのレビュー一覧

投稿者:東京書籍編集部

1 件中 1 件~ 1 件を表示

バルト海の復讐

2001/09/03 23:11

田中芳樹先生とのドイツ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今回の弊社刊『バルト海の復讐』の取材に、一緒に冬の北ドイツに行った。先生にとっても、ひさびさの書下ろし単行本ということもあり、なみなみならぬ力の入れようである。
 田中先生はあまり体調はすぐれないようだったのに、とにかく歩く。それもほとんど私が小走りにならなくてはいけないほどのスピードで。取材中、おそらく山手線一回りくらい歩いたと思う。それも観光地はいっさいなし。
一度、どんなガイドブックにもない巨像をハンブルクの霧の彼方に見つけ、非常に関心を覚えたらしく、その「ビスマルク像」の周囲で半日過ごした。そこはハンブルク市民もめったに訪れない打ちすてられたような公園であった。私たちが止めなければ、本気でその像の上に登ってしまったと思う。ちなみに像は何十メートルもある巨大なもの。
 小説の冒頭に出てくるブローテン断崖にはタクシーで行ったが、日本でいえば竜飛岬みたいなところで、そこへ冬のさなかに行くアジア人を、運転手は怪訝な面持ちで眺めていた。断崖の上にはカフェーがあり、嵐のような天候の中、客はもちろん私たちだけ。皆ひたすら寂寞とした気分で苦いコーヒーを飲んでいた。そんななかで今回の
作品のあの書き出しを先生は考えていたのだかと思うと、感慨胸に迫る。
 今回の作品『バルト海の復讐』は、依頼してから完成まで10年近くかかった。タイトルはウェルズ著『アドリア海の復讐』からインスパイアされたという。作品の出来は、間違いなく氏の最高傑作といっていいと思う。私は本の帯に「冒険活劇小説の巨匠」と入れたかったが、本人は「巨匠」を可とぜず、「旗手」となった。しかし氏を
おいて、いったい誰を「巨匠」と呼べようか。読者諸氏の支持を期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示