サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鎌田 剛さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

鎌田 剛さんのレビュー一覧

投稿者:鎌田 剛

16 件中 1 件~ 15 件を表示

フィルターやソフトの機能に頼る「単調な」オリジナリティではなく,アナログ的な技巧でプロの真髄を披露

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「Photoshopのプロ=デザインのプロ」ではない。本書を読むとつくづくそう思う。ペンや筆をPhotoshopのツールに持ち替えただけ,言い換えれば,初めのスケッチと根気強く描き込んでいく作業,細部へのこだわりこそがプロのテクニックなのだ,と断言できる。
 本書は2人のプロイラストレーターの制作過程を追いながら,イラスト制作のヒントを得る本である。Photoshopの操作を詳しく説明しているわけではなく,取り上げられている例題はポスターや絵葉書を思わせる本格的なもので,上級者向けの書籍だ。保光氏の作品は,モノトーンでの絶妙なハイライトとシャドウの描き分けが特徴であり,高野氏はカラーによる水彩や油彩のようなタッチが特徴で,空気遠近法を効果的に使用している。モノトーンでも深みのある道路の質感や光の演出,カラーによる岩肌や森の描画で描き出される色彩と陰影のテクニックには思わず引き込まれる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

pLaTeX2eを使った本格的かつ実践的なドキュメント作成には,手許に置いておきたい一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 研究者たる者,論文の内容的な質の高さもさることながら,多くの人に読んでもらうためには「印刷物」としての完成度の高さでも「魅せ」ねばなるまい。
 LaTeXは理工系の論文などではスタンダードといえる文書組版システムで,数式や大規模な出版物の整形に力を発揮する。実際,専門書の出版にTeXを使用している印刷会社もあるくらいだから,個人でも本格的な出版物の作成が可能だ。本書ではまず,WindowsとLinuxの両プラットフォームで,pLaTeXとその関連アプリケーションのインストール方法を解説。これらのアプリケーションを収録したCD-ROMも付属しており,本書1冊で一通りのTeX環境を作ることが可能である。
 LaTeXの大まかな手順は,コマンドを用いてソースコードを作成し,コンパイルして出力するといったもので,プログラミング作業に近い。分かりやすくいえば,HTMLソースとブラウザー出力の関係といったところか。そこで,HTMLのタグにあたるTeXのさまざまなコマンドを覚えることが必須となる。本書では,段組や表組,図表などのレイアウト方法を解説した基本編,文字の回り込みやベジェ曲線,目次作成などの応用テクニックを解説した応用編,そして論文には欠かせない数式環境や,Gnuplotを使ったグラフ作成について順に紹介されており,通常のテキスト・レイアウトに必要十分な機能が網羅されている。腰を据えてLaTeXを使いたい人にも自信を持って薦められる一冊といえる。
 特に応用編では,さまざまなパッケージを利用した応用レイアウトを紹介しており,通常のワープロ・ソフトには荷が重いレイアウトもきれいに仕上げられる。
 LaTeXの特徴として,パッケージ(マクロ)を追加インストールすることで機能の幅が広がる拡張性が挙げられるが,本書では原稿用紙や時間割表のレイアウトを可能にするパッケージの使用方法が紹介されている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Accessによるアプリケーション開発に役立つアイデアを集め,一般的なQ&A形式で編成

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は,Accessを用いたデータベース・アプリケーションの構築をそこそこやっている人が,はたと困ったときに,Q&A形式でその疑問に答える応用事例集である。目的に応じたフォームの構成とコントロールのデザイン,及びそれに対応したイベント・プロシジャーのコードの書き方を紹介する,といった流れでひとつのQ&Aが完結する。
 分野ごとにデータ編,検索編,セキュリティ編などに分かれていて,扱っているテーマも比較的幅広い。例を挙げると,データ処理中にマウス・ポインターの形状を変える方法(デザイン編),データベースにパスワードを設定する方法(セキュリティ編),などである。これらは,さまざまな場面で応用できる,汎用的なテクニックが選ばれている。図表を多用し,コードの説明は1行ずつていねいに触れられており,VBAに不慣れな読者でも理解しやすい。ただ,Accessの操作にはある程度慣れていることが前提となっている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Javaを用いてデータ構造やアルゴリズムなどを学びながら,プログラミングの基本概念を理解する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はJavaの入門書というよりもプログラミングの本質的な入門書であり,その手段としてJavaを採用している。したがってJavaの特徴であるオブジェクト指向やアプレット,マルチスレッド,グラフィックスの技法などは取り上げず,大学のプログラミングの講義で使用されることを想定して,Java言語の構文やデータ構造,ソート・アルゴリズムといった基本概念を論理的に解説した教科書である。
 テーマの面白さではなく,Javaやプログラムの基本構造の習得に重点が置かれおり,Javaと長く付き合っていくつもりの人には重要な事柄が数多く述べられている。たとえば著者の示す「プログラミングの心がけ」は開発者こそ肝に銘ずべき内容も多い。ある程度Javaに慣れてから本書に立ち返っても,気付くことが多いと思う。ただ,正確さを意識しているため専門用語が続出し,初心者には用語の壁が存在するのはやむを得ない。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

VBAの基礎知識からプログラミングまで502のTipsを紹介。データベース構築・運用術は上級者向け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はVBAプログラミングのTips集で,特にExcelやAccessを利用するデータベース構築のためのTipsが充実している。AccessとVBAを利用すれば,面倒で間違えやすい操作を自動化し,円滑なデータベース運用を支援できる。後半ではMSDE(Microsoft Data Engine)のインストールから運用,バックアップまでを完全攻略できる特別企画140Tipsを掲載。こうした内容から,ADOやSQL,OLEといったデータベースの基礎知識が必要な,やや上級者向けのムックといえる。
 私が読んでみて驚いたのは,各Tipsに細分化された解説が意外と分かりやすい点である。順を追って読めば一通りの知識が得られるし,ある程度VBAを知っている人ならば自分の知りたい項目だけをさっと見つけられるのだ。その代わり,ポイントのみに絞ったコンパクトな解説になるのはいたしかたない。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

非常にていねいな解説で,簡単なCGIプログラムを作りながらPerlのプログラミングを学ぶ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はPerlを使ったCGIプログラミングの入門書。初心者向け,とうたっていても実際はかなりの予備知識が必要だった,というのはよくあることだが,本書の著者はよく心得ている。一つひとつ疑問点をつぶしていくような気配りのある解説が嬉しい。ただやさしいだけではなく,ツボも押さえている。初心者が不慣れなパスや文字コードの扱い方なども見落とさずに取り上げられていて,細かいところでつまずくこともなさそうだ。
 メイントピックスは,おみくじやアンケート・フォーム,掲示板のCGIプログラム作成を通してPerlの決まりごとや書き方,CGIプログラムの動かし方を習得することである。プログラムは1行1行ていねいな解説で,これなら途中で挫折することはない。本書を読む限り,「Perlはやさしい」という印象を持つことだろう。サンプル・プログラムやPerlソフト,WWWサーバー・ソフト「Apache」などを収録したCD-ROM付き。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マクロ記録とVBAについて解説し,住所録システムを通じてVBAプログラミングをマスターする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Excelでしょっちゅう同じ操作を繰り返していて,何か効率の良い方法はないものかと思案している人にはぜひ,マクロを知ってほしい。マクロにはマクロ記録とVBAプログラミングによる方法があるが,本書はまず,マクロ記録について解説されている。マクロ記録とは,頻繁に行う汎用性のある手順をマクロとして記録しておき,次からはマクロを実行するだけで煩雑な操作を省略できる便利な機能である。たとえば表のタイトルに使う文字には,いつも同じフォントでセンタリングをする,といったような決まったデザインを施しているようなら,この一連の操作を登録しておき,次からはそれを呼び出すことができる。この方法は比較的簡単なので,誰でもすぐ使いこなせるだろう。本書の解説も,類書と大差はない。
 問題はVBAプログラミングの方である。VBAを使えば,メッセージ・ボックスの表示や,パスワードの設定などの複雑なこともできる。VBAは,マイクロソフト社のVisual BasicをExcelなどのアプリケーションに組み込んだものである。れっきとしたプログラムであるから,関数や構文といったことをある程度覚える必要がある。本書でもこういった知識を順を追って説明してはいるが,プログラミング経験のない人にはやはり少しハードルが高いといった感は否めない。もう少し,「なぜそうするのか」といったところまでじっくり解説してほしかった。
 ただし,本書の最終目標である,ユーザー・フォームを利用して,住所録を編集するダイアログボックス作成の例題は分かりやすいサンプルである。これは簡単なデータベース・ソフトのような代物で,ボタンやスクロール・バーによる処理だけでなく,検索機能やソート機能,印刷機能といったものも備えている。重要なトピックスがいろいろと含まれていて,VBAプログラミングに習熟するだけでなく,後々まで役に立つ中身の濃い例題といえるだろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

例題と練習問題でVisualBasicを基礎から学ぶことにより,プログラミング言語を習得する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 VB(Visual Basic)の解説書は数多くあるが,本書はVBを用いてプログラミングを初めて学ぶ人のための教科書。その名の通り教科書的な説明と演習問題で,「真面目に」VBを学習したい人向けの一冊。例題中心で,VBらしいGUIを利用した分かりやすいプログラムの作成ができるなど,内容的にはそれほど悪くはないのだが,教科書特有の型にはまった説明が苦手な人にはお薦めできない。
 最終章では応用プログラムとして,定番の電卓プログラムをはじめ,いくつか面白いプログラムが載っている。私の意見としては,こうしたプログラムを簡単に作れることがVBの醍醐味であり,それを十分に味わう前に本書が完結してしまうのは残念である。ただ,プログラミング言語というのは一つを深くマスターすることが実力になるので,その一つにVBを選択するのなら本書はよいスタートになるだろう。本書の例題はすべての基礎となるものばかりだから。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファイル操作からマルチメディア,周辺機器の利用まで,VBで実現できるWindowsプログラムの例題集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私がプログラムを書くときは,似たような雛形を探してそれを参考にコーディングし始めることが多いのだが,そうした際に活躍するのがこの手のサンプル集である。本書の前半では基礎的な例が取り上げられている。ただし,VBの操作方法や実行方法などの基礎的な事柄は理解している人が対象となっている。サンプル集といってもソースコード中心ではなく,プログラムで用いるメソッドや関数の構文,意味までていねいに解説されている。
 本書で取り上げられているプログラムはかなり高度な,言い換えれば,実用的な例題が多い。たとえばプリンターやスキャナーを扱うプログラム,さらにWAVやMIDIファイル,ビデオ・キャプチャーなどマルチメディア・デバイスを操作するプログラムでは,面白い例が紹介されている。また,Visual C++で作成したDLLやOCXをVBで使用する方法などは,あまり見かけない例題だろう。サンプルを収録したCD-ROMが付属。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

移動通信事典

2000/10/06 15:15

携帯電話で顕著な発展を見せるマルチメディア情報伝達に重要な移動通信の技術を詳しく解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 携帯電話,PHS,コードレス電話など,我々の身の回りには移動通信技術が満ちあふれ,「モバイル」が重要なキーワードとして定着している。特にiモードが好調な携帯電話は,移動通信の代名詞ともいえるだろう。本書はこうした移動通信のサービスや要素技術,システム構成について詳しく解説した事典。特に要素技術については,数式や図を駆使した専門色の濃い内容である。
 無線技術では,通信距離や帯域幅,干渉などが問題となるが,これらの特徴とさまざまな方式の分類をハード,理論の両面から扱っている。たとえば携帯電話では,その小型化を支えるアンテナの役割から基地局装置,回線制御技術に至るまで,各要素にわたって解説。また移動通信のシステム構成については,公衆系,専用/自営系,広域移動通信,移動通信複合システムの4章に分かれており,事例を踏まえて分かりやすい内容となっている。各章末には参考文献を載せてあり,事典としての有用性を高めている。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

基礎的な事柄からツボを押さえたていねいな解説で,入門者でもJavaアプレットをマスターできる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私が3年ほど前にJavaを学び始めたころは,参考書の類はほとんどなかったものだが,今では多くの良書が書店に所狭しと並んでいる。本書もイベントやスレッドといったJavaのテクニックを学びながら,最終的には簡単な電卓やゲームのアプレットを作れるようになろう,というビギナー向けの入門書。初歩的な事柄から手取り足取りといった感じで解説されており,途中で挫折せずにすみそうだ。
 ていねいに説明しようとするあまり冗長になっている部分もあるが,多くの類書と異なり,基本設計やデバッグの重要さについても触れている。コンパイル・エラーへの対処などは誰もが直面する一つの関門だが,こうした「地道な」作業についてもきちんと取り上げている点を評価したい。後半では内部クラスや匿名クラスといったやや難易度の高い内容も扱っており,やさしいが侮れない一冊といった印象である。JDKやサンプル・プログラムなどを収録したCD-ROM付き。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

JavaやCORBAの基礎的な知識から分散オブジェクト技術の実装までの総合的な解説書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 標準化された分散処理技術であるCORBAと,シンプルなプログラミング言語Javaを組み合わせたJava+CORBAという形での分散オブジェクト技術には大きな期待が寄せられている。本書は,Javaの言語的な特徴,さらにオブジェクト指向についての解説から始まる,CORBAを使った分散プログラミングの解説書。カプセル化やガーベジ・コレクションといったキーワードから解説されており,Javaにそれほどなじみのない読者でも入りやすい導入部がうれしい。
 Java VMの構造やその処理プロセス,バイト・コードといったラン・タイム環境について押さえた後,ネットワークやスレッド,Appletの基礎知識を解説。ここはJavaに習熟している読者は読み飛ばしても構わないが,一般的なJavaプログラミングにも参考になる知識がたくさん詰まっている。続いてCORBAのアーキテクチャーと処理プロセスについて述べられている。
 JavaとCORBAの基本についてひと通り触れた後で,IDL(インタフェース定義言語)及びJavaへのマッピング,クライアント・サーバーの開発といった各ステップごとに,CORBAを利用した分散オブジェクト開発に関する解説に入る。Java+CORBA製品としては,VisiBrokerを主に取り上げている。本書の後半では分散オブジェクトのライフサイクルやアクティベーションといった上級テクニックやインターオペラビリティ,IIOPまでを紹介しており,筆者の言うとおりCORBAのポイントを網羅しているといえるだろう。
 本書をレビューするこの文章ですらも,これだけ専門用語のオンパレードになってしまうあたり,やはり分散プログラミングの敷居は高い,という結論に達するのはやむを得ないのか。サンプル・プログラムとVisiBroker for Javaのトライアル版などを収録したCD-ROM付き。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本のベンチャー企業が開発した統合グループウエアであるサイボウズとそのユーザー事例を簡潔に紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 サイボウズは97年に設立された日本のベンチャー企業である。サイボウズOfficeはその主要製品で,本書はそのトピックを簡単に紹介したムックである。
 サイボウズOfficeには,ブラウザー・ベースで利用可能なスケジュール管理や行き先案内,プロジェクト管理といったオフィス・メンバーの情報が共有できるアプリケーションを含んでおり,垣根の低いグループウエアという特徴が魅力的な製品である。本書はこうした製品を積極的に取り上げているという点で,新鮮味があると言える。
 本書ではまずインストール方法,及びそれぞれのアプリケーションの機能と設定を簡単に解説し,Windows NTのリモート・アクセス・サービスを利用したモバイルでの利用を紹介。最後に実際のユーザー事例を紹介している。WindowsやLinuxなど各プラットフォームごとの無料試用版を収録したCD-ROMが付属しているので,一度試してみる価値は十分あるだろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プログラミングを中心に,JavaServletの基礎から実践的な設計方法までを解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 個人サイトでもよく見かけるアクセス・カウンターから,企業のホームページでも使われているアンケート・フォーム,ショッピング・フォーム,検索エンジンなど,サーバー・サイドで動くアプリケーションはCGIが主流となっている。中でもスクリプト言語にPerlを使ったものが多く,関連した書籍も多く出回っている。だが,Javaテクノロジーの中でもサーブレット(Servlet)が最近注目を集めているのは,CGIにはないメリットがあるからだ。
 ServletはAppletと同じくプログラム・モジュールであり,Webサーバー内,あるいはWebサーバーと連携して動作しているJava VM上にクラス・ファイルがロードされて動作する。このように,Servletはネットワーク上の別のサーバーからもってきて実行可能という点がCGIとは異なる。その際問題となる安全性についても,セキュリティー・モデルが用意されている。Servletのメリットは,Javaのもつさまざまな特徴のおかげで開発効率がよいことや,APIが優れていることなどが挙げられ,逆にデメリットはServletが使えるプロバイダーがまだ少ないということだろう。
 本書ではこうしたServletの基礎的な知識から始まり,基礎編,応用編,実践編の3編にわたって実際にプログラム・ソースに触れながらServletを理解できる内容となっている。プログラミングに重点が置かれた構成になっており,サーバー環境の設定などにまつわる説明にはあまり詳しく触れていない。全体的に分かりやすい説明で読みやすいが,出版されてから若干時間が経っているので,ソフトウエアなどのバージョンには注意する必要があるかもしれない。
 基礎編は定番のHello World Servletから始まり,HTML FORM,国際化プログラミング,HTTP Cookieなどを取り入れたサンプルをソース・コードを踏まえて解説。
 応用編はCGIでの定番といえるカウンターの設計や,Servlet同士及びServletとApplet間の通信,RMIを使ったServlet,マルチスレッドなどを取り上げている。
 ここでは,RMIに関する予備知識などがあることが前提となっており,やや敷居の高い内容となっている。だが,Java及びJava Servletにある程度習熟している人にとっては,すぐに役立つ内容といえる。
 本書で最も興味深いのは,やはり実践編だろう。本書の読者は何がしかのServletを用いたインタラクティブなWebサイトの設計を目的とした人が多いだろうから,こうした実用的な例は大いに参考になるはずである。具体的には,米国でビジネス・モデル特許にもなっているショッピング・カートを使ったサイトの設計を通して,実践的なServletの使い方が学べるようになっている。JRunやApache,及びサンプル・ソース・コードなどを収録したCD-ROMが付属。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

XMLのテクノロジーを明らかにし,その開発事例,特にエレクトロニック・コマースへの適用に焦点を当てる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 XMLに対しては次世代のWebページを記述する標準言語である,とか,特別なタグ・セットが定義されていないので拡張性に富む,といった説明がなされてきた。コンテンツやデザインが重視されている今日のWebの世界では,こうした説明だけではピンと来ないのではないだろうか。本書ではまず,XMLの最小限の基礎知識について,そのメリットを中心に紹介している。さらにその後で紹介されている,プッシュ・テクノロジーやオンライン・バンキングなどに適用したXMLアプリケーションの事例を見れば,XMLが実に有効に使われていることが理解できるだろう。
 たとえば製品カタログのように構造化されたオブジェクトは,やなどのタグを含むXMLで記述されることによって,価格順に並べたカタログや,ブランド名順に並べたカタログなど,さまざまな特徴でソートされたカタログが1つのソース・ファイルから生成できる可能性がある。XML文書作成については,構文,XLL,XSL,DOMといった要素技術まで詳しく解説されている。
 タイトルにもあるように,本書ではXMLの開発事例について,多くのページ数を割いている。XMLに対応しているInternet ExplorerでのXMLの使用方法,データベースとの連携などを具体的に示している。ここで注意すべきなのは,XMLは単にメタ・データを記述する言語だから,アプリケーションを記述するにはJavaなどのプログラミング言語が必要だということだ。本書では,プログラム言語とXMLをどう組み合わせるか,という点については読者の判断に委ねられており,特定のプログラム言語には特化していない。XMLを基盤とするeコマースについては,OFX,EDI,OTPの3つを紹介。XMLパーサーやXML文書のサンプルなどを収録したCD-ROM付き。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示