サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鈴木裕子さんのレビュー一覧

鈴木裕子さんのレビュー一覧

投稿者:鈴木裕子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

逃げる男

2000/10/28 14:17

実から目を背ける彼らを支えているのは他ならぬ女・・・?目からウロコの1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「妻とは別れる。結婚しよう」なんて言いながら、彼ったらいっこうに離婚する気配がないの・・・。つい先日も、友人からこんな話を聞かされた。

 私の苦〜い経験も含めて言うと、往々にしてこの手の男は「タイミングを見計らっているんだ」とかなんとか言っちゃって、奥さんとも不倫相手との関係にも結論を出さないものだ。でも、その友人は彼を嫌いになれない。「いざとなると男は逃げるのよね」と、私の隣で大きなため息をつくだけだ。
 ところが、そのため息が、ひょっとして男たちの逃げ足を速めているのかもしれない・・・この本は、そんなことに気づかされる1冊だ。

 突然の電話で婚約破棄をしたり、6年間交際をしながら結婚の意志を明らかにしない男など「逃げる男」と関わった女性たち。その体験談を通し、著者は「逃げる男」は一様にマザコン性が強いが、逃げられる女性の側にも共通点があるという。彼女たちはいわゆる”良い人”で愛情深く、忍耐強い。件の友人はまさに、この通りだ。

「こんな良い人がどうしてマザコン男性と付き合ったのかという疑問があるとしたら、それは逆の論理なのだろう」と著者は言う。逃げる男が悪い!と思っていた私にとって、これは目からウロコ、である。

 「逃げる男」は、つかまえてもまた逃げる。だったら、こちらが「逃げられる女」から卒業するしかない。どうして女が変わらなければいけないの・・・って? その答えは、巻末に収められた37人の男たちの声の中にある。

(鈴木裕子/フリーライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示