サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 葦原骸吉さんのレビュー一覧

葦原骸吉さんのレビュー一覧

投稿者:葦原骸吉

1 件中 1 件~ 1 件を表示

このタイトルで凡百の自己啓発本と思った貴方、そりゃ大間違いですぜ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 幸福になりたい、金が欲しい、良い地位に就きたい、といったことは、誰しもが考えることだ。ハイ、こう書いてる自分も実際そんなことばっかり考えてます。で、そうした願望の不充足を抱えた人間は多いだろう。そこにつけこんだ凡百の自己啓発本の類は、大抵まず、そうした欲求なり願望なりを否定しない。で「人間は大きな夢を持つべきだ。諦めるのは負け犬だ」「君にも無限の可能性が眠っている」「意志の力で夢は実現する」とかなんとか、そんな自己愛とミーイズムを気持ちよく満足させてくれるような、景気のよいことが語られているものだ。
 だが、本書の著者、スリランカ上座部仏教の僧侶であるアルボムッレ・スマナサーラ師は、そんなことはまったく語らない。むしろそうした考えを全否定しているのだ。
 スマナサーラ師は、スリランカ出身の上座部仏教(俗に言う小乗仏教)の僧侶だ。こう書くと、山奥の寺院にこもって、俗世間の日常生活とかけ離れた修行にばかり勤しんでいる人物と思われるかも知れない。だが、その人生観は、むしろ俗世にいる我々にこそ多くのヒントを与えてくれる。
 スマナサーラ師は説く、誰しもが持つような、幸福になりたい、楽になりたいという思いこそが「魔」だと。だから「魔」は貴方の中にもいる(むろん私の中にも…)。まあ、こう言われていい気のする人間はいないだろう。確かに、今日の世では、あらゆる商品と情報が溢れ、自分の好きなこと、気持ち良いことを追求することが無条件に何ら悪いことでないと思われてる。しかし、往々にして欲求や願望は際限なくインフレ的に肥大化しがちだ。バブルの時なんかまさにそうだった。すると、結局その成就は遠のき、それを追い続ければますます苦しくなる、きりがないということになる。
 こうした人間の欲(=業)の問題について、スマナサーラ師は、別に特に過剰な禁欲を説いてるわけではない。ただ、ブッダの根本的な教えを借りつつ、ちょっと考え方を変えることを提唱しているだけだ。
 つまり、欲や嫉妬に基づく問題は往々にして解決しない。しかし頭から離れない、じゃあ自分の考えを変えるしかない。でも変えるったってどう変えるんだよ? となる……そのヒントを示そうとしているのが本書だと言える。しかし実際、一読してみると「ちょっと考え方を変える」だけでも随分救われるって気になる。
 それにしても、二五〇〇年も前の仏陀の教えがこうも現代に通用するとは、人間ってのは変わらんもんだね、と思わされる一冊だ。(葦原骸吉/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示