サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 加納則章さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

加納則章さんのレビュー一覧

投稿者:加納則章

1 件中 1 件~ 1 件を表示

昴 1

2001/06/19 12:41

“才能”を描破する曽田の筆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『め組の大吾』の作者が青年誌に初進出し、男性誌では極めて珍しいバレエ(舞踊)マンガに挑む。前作『め組の〜』のあっけない連載終了に消化不良を起こしていた曽田ファンには、待望の作品だ。
9才のヒロイン・宮本すばるは、脳腫瘍の弟を元気づけるため、彼の病室で、毎日、自己流のダンスを見せる。それがきっかけで才能を見いだされ、バレエを知る。やがて弟が死に、その6年後、すばるはストリップ劇場のスターに! ここから天才ダンサーの波瀾の人生が本格的に展開していく。これまで、『シャカリキ!』の自転車ロードレース、『め組の〜』の消防士と、一般には馴染みの薄い世界を分かりやすく感動的に読ませてきた作者だけに、バレエを食わず嫌いしていた男性読者をも熱くさせてくれる。
『め組の〜』は同じ題材を描いた秀作映画『バックドラフト』に劣らない出来だったし、今度は、少女マンガの名作『アラベスク』を凌ぐか!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示