サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 東京創元社編集部 牧原勝志さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

東京創元社編集部 牧原勝志さんのレビュー一覧

投稿者:東京創元社編集部 牧原勝志

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ミスターX 上

2002/05/24 14:32

ジャンルを超えた〈物語〉の愉しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ピーター・ストラウブといえば、キング、クーンツと並ぶアメリカ・ホラー界の重鎮。しかし、ポピュラリティでこの二人に一歩譲るところがあるのは否めないところ。良い意味で読者に緊張と集中を強いる濃密な文体と作品構成に、やや強面な印象があったからかも知れません。
 ところが、1999年度のブラム・ストーカー賞を受賞した最新長編『ミスターX』では、彼はジャンルを超えた〈物語〉の愉しみを与えてくれます。たとえるならば、キングとロバート・ゴダードの、それぞれのファンをうならせるような。
 できれば、本書解説で東雅夫氏が書いておられるように、予備知識なく、先入観を持たずに読んでいただきたい作品です。が、「それではちょっと……」という人のために、読みどころを簡単に紹介してみましょう。

 主人公ネッドが母の死を機に探求する、自分の出生の謎。繰り返し悪夢に現れる殺人鬼の正体。もう一人の「自分」が存在するという、ドッペルゲンガーの謎。それらを語っていく部分は時にミステリ、時にホラー。その一方で、大学をドロップアウトし放浪を続けていた彼の成長物語でもあり、母の入院先で出会ったシングルマザー、ローリーとのロマンスもあり、さらには(ここで紹介するわけにはいきませんが)SF的な要素もあります。ローリーの息子で絶対音感の持ち主の幼いコビーや、ずるくて盗癖まであるのに憎めない三人の大叔母さんたちなど、これまでのストラウブの作品ではあまり表にたつことのなかった、ユーモラスなキャラクターも登場します。さらには、隠し味のように挿入される、ジャズのスタンダード・ナンバーの数々。音楽と無縁な生活をしていた担当編集者は、原稿を読むうちにCDショップに通うようになりました。
 そして、とくに注目していただきたいのは、この小説全体が、二〇世紀最大の怪奇小説作家、H・P・ラヴクラフトへのオマージュであることです。どんな風にって? それは読んでのお楽しみ。

 なお、御参考までに、この『ミスターX』が受賞した1999年度のブラム・ストーカー賞ですが、長編賞の候補作にはトマス・ハリス『ハンニバル』とスティーヴン・キング「黄色いコートの下衆男たち」(『アトランティスの心』所収)も挙がっていました。(東京創元社編集部 牧原勝志)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示