サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 明石家ペコさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

明石家ペコさんのレビュー一覧

投稿者:明石家ペコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本茄子 2 (アフタヌーンKC)

2002/11/15 19:45

“添えっぷり”の黒田さん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 漫画界の申し子・黒田硫黄の『茄子』第二巻。何をして「申し子」と呼ばせるか。漫画でしか描写しようがないカット割りや(特徴的な)擬音。とクリシェを用いても始まらない。
 食卓の上で添え物としての役割が多いように、本書においても茄子は添え物である。人間模様の隙間にはかならず「食」があり、そのなかに茄子もある。ただそれだけといってよい。だが各話揃ってけして「それだけ」の中身ではない。素材もまた添え物なのだ。キャラクターも表現も描線も小道具も添え物なのだ。料理とは添え物の総動員なのだ。そして、この添えっぷりこそが(実際に料理が趣味だという)黒田硫黄の反射神経=才能ではないだろうか。
 ところで「食卓の上の焼き茄子」といえば丸一冊に値するかしら、ね(一冊となると「食卓を食み出る怪人茄子男」クラスかなー)。
 表紙も傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示