サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 江上冴子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

江上冴子さんのレビュー一覧

投稿者:江上冴子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

桜咲く、桜散る

2001/07/16 21:33

【著者コメント】青春の思い出と桜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 物語の舞台は、明治後期の東京。
 旧制高校に入学するために、群馬から上京してきた主人公・小野沢智和(おのざわ・ともかず)は、老舗のお茶問屋である「江南園」の末の坊ちゃん・南条貴臣(なんじょう・たかおみ)の書生になる。
 智和の仕えることになった『坊ちゃん』こと貴臣は、垢抜けた美貌で大学でも秀才の誉れが高いが、プライドが高く神経質。人嫌いで家族ともうちとけず、『勉強にさわるから』と一人で離れに暮らしている。
 智和は、貴臣の度を越えた我ままぶりに、面食らい、戸惑いながらも、持ち前の明るさと素直さで、一心に彼に尽くす。忌まわしい出生の秘密を胸に秘め、誰にも心を許さず、学問を武器に孤独に閉じこもっていた貴臣が、書生である智和の誠意と献身によって、少しずつ素直な気持ちを表わすようになる。しかし、平穏な日々は、そう長くは続かなかった。

 「桜咲く、桜散る」のタイトル通り、冒頭の桜吹雪のシーンに始まり、クライマックスの夜桜、ラストシーンで風に舞う桜まで、青春の象徴として、同じ桜が、それぞれの色で描かれる。
 出会いと別れ、青春のきらめきを四季折々の花に託してつづられた、著者の記念碑的処女長篇。
 表題作「桜咲く、桜散る」の他に、番外編「夏椿」を収録。
<追記>表紙と口絵の桜の写真は、1999年の春にヴィジュアル・プランナーである藤原圭人(作家・榊原史保美の別名)によって東京都内で撮影された、撮り下ろし作品。

◇江上冴子公式HP

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示