サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ほりうちしのぶさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ほりうちしのぶさんのレビュー一覧

投稿者:ほりうちしのぶ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

夢みる気持ちは愛おしい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ヤーノシュといえば「おばけりんご」(福音館書店)「大人のためのグリム童話」(宝島社)の印象が強く、シニカルで一筋縄ではいかないおじさんというイメージだった。「ぼくがげんきにしてあげる」(徳間書店)にでてくる小さなくまくんととらくんのシリーズを知るまでは。本作はそのシリーズの代表作といわれている。

 川のそばの小さな家に幸せに暮らしていたとらくんとくまくん。ある日、バナナのにおいのするパナマと書いた木箱をひろったことから、夢みるパナマへの旅が始まる。釣り竿と鍋をかついで、動物たちに道案内されて、パナマ目指して進んだはずが……。

 シンプルな寓話として読む人もいるだろう。二人のおまぬけさを笑う人もいるかもしれない。でも、ページをめくるごとに、この小さな二人がとっても愛おしく見えてくるのはなぜだろう。疑わず、ただただ目の前のことに対処して進んでいく二人。自分を取り囲む大きな世界をはじめてかいま見て「きれいだねえ」とうなずきあう二人。ヤーノシュのまなざしを感じるイラストがやさしい。

 外や人にばかり夢見てうじうじしてるのは、夢見てるんじゃないんだね。自分にすねているだけかもしれないよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本とまとさんにきをつけて

2000/08/08 16:25

五味さんにはきをつけて!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「五味さんは絵本でコンセプチュアル・アートをやってるんだから」と今は亡き絵本作家、木葉井悦子さんが雑誌の対談で、五味さんにエールを送っていたのを思い出す。

「らくがき絵本」「質問絵本」(ともにブロンズ新社)のときもそうだった。

五味さんの絵本は読み手が直接、本の世界に入っていかないと本自体が成立しない、そういうギリギリのところでできている。今までは<作者からの問いかけ>というかたちで本ができていたけれど、今回のとまとさん、かえるくん、テレビくんの本はちがうよ。本の中から直接とまとさんが「かわいいっていって」とか「うたって」とかいってくるんだから。安穏と「本は本、私は私」と思ってちゃ、太刀打ちできません。小さな声でおざなりにやりすごしていると「もっとおおきなこえで、げんきよくうたって」っていわれるんだよ。そういうの、ちょっとなーという人やびっくり固まっちゃう人もいるかもしれない。

でも、そういう自分を発見するのもおもしろいと思うよ。おためしあれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マットくんのトラックトラック

2000/08/08 16:18

はたらく車、大好き!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 小さな子どものための自動車絵本はたくさんあるけれど、近年まれに見るヒットは、このマットくんシリーズだ。本作は「マットくんのしょうぼうしゃ」に続く2作目。

 ピーター・シスは細かいふるえるような線画が印象深い絵本作家なのだが、こんなにかわいい、あたたかな絵も描けるんだとびっくり。息子さんのために作った絵本ときいて納得しました。

 部屋いっぱいにちらかったトラックが9台。それぞれ、はたらき方が違います。おかあさんに「かたづけなさーい」といわれて、動かしはじめるうちに、どんどんマットくんは小さくなって、トラックの運転手に。すくったり、もちあげたり、はこんだり……お仕事しているうちにおかたづけができちゃった。そのあと、お出かけすると、本物のトラックがはたらいているのに出会います。このシーンが入るだけで、絵本の世界がぐんと広がる、たのしくなる。うまいなあと思います。

 トラックにだけ黄色が使われたシンプルな画面。小さな子によりそった展開。単純でリズミカルな訳文が唄みたい。一度読んでもらえば、すっかり覚えて一人でもいっぱい遊べるね。とっても気持ちのいい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どんどん、どんどん……のたのしみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「おかあさん、わゴムなあい?」

 絵本を読んで、すぐ出てきたのがこのセリフ。なんとも単純で、笑っちゃうようなわが息子である。でも、キミの気持ちはよおくわかるよ。

 どんどん、どんどん、わゴムがのびるから、自転車にのって、バスにのって、汽車にのって、飛行機、そしてロケットにまでのりこんじゃうんだからね。さいごは、ボーンとわゴムがはねて、自分のお家のベッドのなかへ。これぞ、絵本の王道をいくシンプル・ベスト・ストーリー!

 描かれて25年以上もたっているのに、ページをめくるドキドキはいつまでも色あせない。読んだあとで、ぼくも、と思わせてしまう親しみやすさ。読み手の視点で描かれたイラストには、アップからロングへとアニメーションのテクニックをさり気なく、効果的に使っているのが心憎い。

 図書館で子どもたちにぼろぼろになるまで読み継がれ、ずーっと再刊が望まれていた絵本だというのもうなづける。

 あは、あは、あははとわらってしまう、こんなおおらかな絵本、なかなかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示