サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 長野まゆみさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

長野まゆみさんのレビュー一覧

投稿者:長野まゆみ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本千年王子

2001/06/04 15:28

行こうぜ、極楽……へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯文はいつも、担当編集者がひねりだしてくれる。原稿を終わらせた時点で、すでにその小説のことを考える限界に達した本人としては、大変ありがたい。帯文まで自ら受け持つ著者もいると聞くが、私の場合は装幀画を描き終えて手を放す。
 雑誌掲載後に、手を入れて単行本の作業が進むころには、たいてい別の原稿に取りかかっている。そのため、すでに脳へしまいこまれたデータはすんなり開かない。これらを再び開くには、新しく書くくらいの緊張状態が必要だ。
「千年王子」に登場する少年たちも、圧縮されたデータを怪しげな手段で解凍する。身体の一部がハードウエアと化した彼らは、記憶や意識を挿入される〈容れもの〉として生きている。
 意識への組織的な介入だの、性別シフトによって男にも女にもなり得る生物だの、植物でも動物でもある両生類だのを、十年ほどかかって別々の小説に書いてみた(『テレヴィジョン・シティ』『新世界1st〜5th』『超少年』)。初期にはまだ、記憶がひとつのソリッドとしてあるような捉らえかたをしていたが、近ごろはもうそんなことは信じられない。
 私の書く小説に登場する少年たちは、たいてい〈もの忘れ〉がひどく、何かを思いだそうとして生きている。だが、思いだす対象としての記憶が存在していたうちは、まだまだ彼らも呑気だったのだ。
 「千年王子」では、少年たちの身体は細胞の乗り物でしかない。意識や記憶は一貫性も同一性も持たず、眠りから醒めた自分が、眠り落ちる前の自分と同じであるという前提は失われている。意識の連続も疑わしい。それは、今や現実においても感じる疑わしさだ。かたちよりも状態を信じる人に、是非読んでもらいたい。
 ちなみにこのたびの本は窓つきカバー装で、帯文はあるが、帯はない。なかなか面白い仕上がりの装幀になっている。(2001.6.3)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示