サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 中井紀之さんのレビュー一覧

中井紀之さんのレビュー一覧

投稿者:中井紀之

18 件中 1 件~ 15 件を表示

よしこさんの株入門

2001/02/15 12:26

マネーライターからのコメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

株入門の本は数多くあるが、本書は株式投資の基礎知識を恐縮するほどていねいに解説している点が親切。「株式投資の素朴な疑問」「株との上手な付き合い方」など、株の仕組みから銘柄選びまでを初めて勉強するのにちょうどいい。「株は怖い」と思っている人にもおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本学校で教えないお金の本。

2001/02/15 12:10

マネーライターからのコメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「お金って何?」「お金をたくさん稼ぐには?」などの素朴な疑問に答えながら、お金との幸せな付き合い方を教えてくれる。やさしい語り口ではあるが、経済の仕組み、お金が自分に果たす役割、日本が世界の中で生き残るために必要なことなどに触れて奥が深い。お金に対する感覚を磨くのに役立つ本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年金制度の仕組みと問題点を基本から勉強する本。目的のページがすぐに探せて親切なうえ,最新情報も充実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本の年金制度の仕組みと問題点,さらに将来の展望などを平易な言葉で解説。公的年金と企業年金,個人年金についてひと通りの制度を取り上げ,歴史や運用面での課題,改革方針にも詳しく触れている。図表も充実していて読みごたえがあり,資料としても重宝するだろう。欧米諸国の年金制度の成功例・失敗例も紹介されているあたりは,年金の知識を広げたい人にとっても参考になる。
 本書は,目次構成がシンプルで「年金の教科書」として使えるのが特徴。たとえば重要なキーワードが目次や副題にちりばめられていて,目的のページを探すのに苦労しない。参照先ページや参考文献なども随所に明示があり,関連情報を詳しく調べたい人にも便利。巻末索引も充実,ちょっとした年金用語辞典としても使い手がある。自分が将来もらえる年金を細かく計算してくれるようなページは少ないが,年金の全体像をきっちり押さえたい人,年金制度の実情や課題を詳しく調べたい人に適している。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

達人たちの投資秘術

2001/04/23 22:17

統計学にもとづく分析手法を取り入れた株投資の参考書。経済学者たちが残した「格言」も多数収録

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 歴史に名を残す経済学者や金融アナリストたちの「格言」を引用しながら,株式投資の実践的な手法を解説する。古典的な投資手法の基本的な考え方を紹介するとともに,リスクをコントロールしながら,高いリターンをあげる戦略を教えている。
 株を購入するタイミングについては「ダイナミック・ヘッジング」(時間と変動性の管理)という考え方に重点を置き,正規分布や標準偏差のような統計学の分析手法を取り入れている。配当が株価に与える影響に注目するほか,分散投資によるリスク回避の重要性を力説。投資スタンスが長期的な視野に立っているため,「繰り返し現われる現象を利用すること」といった基本ルールにも説得力がある。
 本書は基本的に,ニューヨークダウ平均株価に含まれる30銘柄を対象にしているが,マクドナルドやマイクロソフトのような,日本でもおなじみの会社を例にあげていて親しみやすい。投資の基本的な考え方は日本での株式投資とも共通点が多かった。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パソコンで考える技術

2001/02/23 00:16

「思考の道具」としてのパソコンをどう使うか。新しいことを始めるきっかけが見つかる本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 パソコンを使うことで思考能力を質・量ともに活性化できるというのが著者の主張。人間の記憶力と計算力を代替する思考機械と考え,50歳台半ばからパソコンを使い始めた体験をもとに活用方法を紹介する。たとえば原稿用紙に向かってもなかなか書き出せないが,パソコンなら思いついたキーワードをとりあえず入力し,あとから肉付けして文章に仕上げられる。講演のレジュメを作る時は,順番を入れ替えたり追加・削除するのが簡単で,話す内容を整理できる。過去の資料をキーワード検索できて情報整理が簡単,といったメリットをあげている。
 著者の息子さんが本を読んだりパソコンを使い始めたときのエピソードが興味深い。パソコンは単なる道具ではなく「思考の道具」であり,時には何かを始めるきっかけになるという視点は新鮮で,自分がパソコンを使い始めたきっかけ,パソコンとのかかわり方について改めて考えさせられる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ウィンドウズの使い方からワード,エクセルの基本操作まで,人気ソフトのエッセンスを1冊で習得

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初心者ユーザーを対象に,ワープロと表計算ソフトの基本的な使い方を紹介するパソコン入門書。「ウィンドウズMe基礎編」「ワード2000基礎編」「エクセル2000基礎編」の3部構成で,パソコンを使ううえで避けて通れないウィンドウズの基本操作に加えて,人気ソフトの基本操作までが1冊にまとまっている。エッセンスをかいつまんで,短期間でパソコン操作を習得したいという人におすすめだ。
 操作手順の解説は,各ページの右側にカラーの画面写真を並べ,その隣りに簡単な解説が付くというシンプルな形式。デザインとしては単調だが,初心者が画面をひとつずつ追いながらそのとおりに操作していくという使い方にはちょうどいい。本書のとおりに操作していくことで,簡単な文書や集計表の作り方までをひと通り習得できるはずだ。付属のCD-ROMに収録された事例や練習問題を使って実際に操作方法や機能を手っ取り早く試せるのも実用的。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

収入の種類別、あるいは所得控除の種類別に税金の計算手順と申告書の書き方を紹介するオーソドックスな目次立て。8種類の事例をあげて申告書の記入例とチェックポイントを紹介している。税法の改正があった項目には「改正あり」マークが付いていて親切だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

税金を取り戻したいサラリーマン向けに書かれた本。住宅ローン控除や医療費控除の説明に多くのページを割いているので、この2つを使って税金を取り戻そうと考えている人にはちょうどいい。サラリーマンが支払う税金のしくみや所得税の計算方法などの基礎知識も充実している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

確定申告の基礎知識から事例別の記入例までをきっちり解説してくれる教科書タイプの入門書。記入事例がたくさん紹介されているので、自分に必要な事例もきっと見つかるだろう。確定申告書に添付する書類の一覧も掲載されていて実用的。どの本を買っていいのかわからないという人にもおすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ムック形式のマニュアル本。確定申告の基本を教えてくれるだけでなく、「税務署では教えないトクする申告書の作り方」「節税のための申告対策はこれで万全」など、雑誌の特集を思わせる記事が用意されている。サイズが大きいためページを広げたまま机の上に置きやすく、確定申告書を書きながら隣に置いて参照するのに便利。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楽しく読めるマンガを多数収録しているうえ文章が友達口調なので親しみやすさはナンバー1。ゲーム感覚で還付金をゲットするというのが基本姿勢で、笑える節税テクニックも満載だ。アルバイターやフリーランサー向けのアドバイスが豊富。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「資産管理」と聞いて身構えてしまった人も多いかもしれないが、本書は語り口がやわらかくて親しみやすい。資産をどのような金融商品に配分するかを、3つのステップに区切って検討する方法を提唱。経済に対する広い視野を持たせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

リスク管理を考慮したうえでお金の殖やし方を解説しているので安心感がある。それぞれの項目の先頭でポイントを列挙し、末尾は「まとめ」で締めくくるのが本書のパターン。ポイントとまとめを読むだけでも大まかな内容がつかめるので読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者がおすすめする主な金融商品がひと通り紹介されているだけあって、「どの金融商品を選んでいいのかわからない」という人にぴったり。「○○と思うなら・・・」のように、その人の考え方に応じた金融商品を具体的に紹介しているのが親切だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネーライターからのコメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ボーナスの積極的な運用先として注目される「株」「投資信託」「外貨預金」について、とことんわかりやすく解説。著者とニュースステーション(テレビ朝日系)のコメンテーターとしても有名な森永卓郎氏との対談で紹介されている「損をしても暗くならない株式投資の考え方」は、読むと勇気が出る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

18 件中 1 件~ 15 件を表示