サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 日経デザインさんのレビュー一覧

日経デザインさんのレビュー一覧

投稿者:日経デザイン

63 件中 1 件~ 15 件を表示

2001/04/01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 松屋銀座、NTT、KENWOOD、INAXなど約100社のCI、経営、デザイン戦略コンサルティングを手掛け、Gマーク審査委員長(1998〜2000年)を務めたPAOS代表の中西元男氏が、情報化時代、高度情報通信時代、そして成熟化社会における企業の変革の必要性を唱える。
「激変の時代にあって、企業はどのような方向性とアイデンティティを持たなければならないのか。真に栄えたいと欲する企業経営は、常に意識して、スマート&ビューティフルでなければいけない」と言う。多くの企業には今まで、目先の現象に振り回されずに時代を洞察する力と、社会や市場と共有できる経営理念・手法が欠けていた。現在企業は社会情勢の変化に直面し、根本的な意識の変化を迫られている。従来の、物欲的な消費が生んだ経済成長優先の価値体系はもはや通用しない。文化、環境、福祉といったソフト的な分野こそが経済を牽引していくことを認識し、美学と美意識を持った「知的・美的経営」を実践しなければならないと言う。企業戦略とイメージを伝えるデザインの役割はますます高まっている。優れたデザインは生活を豊かにすると同時に、優れたビジネスの扉を開いてくれる。21世紀の社会と企業の在り方を見据えた視野の大きいデザイン論だ。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/2/1

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 経費削減や時間短縮といったDTP導入の本来の目的をいかに達成すればいいのか。企画立案から原稿作成、印刷入稿までの流れを1つずつ見直し、注意点を解説する。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/06/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

加工途中の画像や操作画面をふんだんに掲載し、Photoshopによるさまざまな画像処理方法を紹介する。処理に対する考え方のポイントもまとめられており分かりやすい。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Webレイアウト見本帳

2002/05/15 22:15

2002/05/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書はウェブサイトデザイナーに向け、レイアウトの質向上に有効なヒントを提供する。素材の配置方法や配色の基本、ウェブのメディア特性に合ったレイアウト方法の解説など、単なるサイト見本集にとどまらない内容だ。
本書は5つのパートで構成される。「コンテンツレイアウトの基本」ではレイアウト画面のスペース配分から、文字要素の扱いなど、レイアウトの基本を解説する。「Webの特性とレイアウト」では印刷媒体との違いやユーザビリティに関する要件などを解説している。「コンテンツ作成技術とレイアウト」はHTMLなど、レイアウトを実現するための技術について述べ、「Flashとレイアウト」に先進的なレイアウト見本を多数収録している。さらに「Webレイアウトデザインの心得」には制作コンセプト作りに有効な考え方の流れを、ダイヤグラムとサイト見本で詳しく解説した。
サイトの企画に関わるディレクターやウェブマスターをはじめ、よりデザイン性の高いサイト制作を目指すデザイナーなどにとって、レイアウトの質でサイトの機能向上を目指すうえで有益な1冊だ。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/03/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

PhotoshopとIllustratorのTips集。画像や写真を加工し、パターン、テクスチャ、ロゴ、図形などを制作する際のコツや便利な機能、テクニックを紹介する。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「個」客革命

2002/03/06 22:15

2002/03/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

企業サイト、eコマースサイトのウェブデザインを手掛けるデザイナーにとってCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)は避けては通れないテーマだ。本書では、企業が顧客をがっちりと掴むために有効なウェブサイトの作り方を学ぶことができる。
インターネットの普及によって、顧客はさまざまな場所で多くの情報を手に入れ、それらをもとに購買の判断を下せるようになった。そこで顧客が選ぶのは自分の時間や気持ちを大切にしてくれる企業である。企業は顧客に対して「1人」「1社」の単位で接しなければならなくなった。それが筆者の唱える「個」客革命である。
本書ではサンデー・コミュニケーションズ、GMボクスホール、チャールズ・シュワブ、ヒューレット・パッカードといった、顧客革命の波をとらえてビジネスに成功している企業の取り組みを紹介する。その事例を踏まえて、広告や宣伝の活用からショッピングサイトの作り方まで、「個客」を囲い込むための戦略の立て方についてヒントを提示していく。個客の1番近くに位置するウェブデザイナーの役割はきわめて重要である。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/03/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人気ウェブマガジン「HotWired」のチーフディレクターによるウェブデザインの理論書。技術の裏側に潜むサイト構築やインターフェースの考え方について解説する。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/02/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001年3月から4月にかけて東京の松屋銀座で展覧会「デザインの解剖=ロッテ・キシリトールガム」が開催された。日常、私たちがよく目にする大量生産品をデザインという視点で解剖し、商品とデザインの成り立ちを検証しようというユニークな試みで、好評を博した展覧会だった。企画、構成をしたのはキシリトールガムのパッケージデザインを担当した佐藤卓氏だ。本書はその展覧会の内容をまとめたものだ。
本書ではキシリトールガムの形を成立させる様々な要素を1つ1つ解剖していく。パッケージデザインについては、ロゴマークやタイプ、文字の配置、包装色などが、どのような考えのもとにデザインされたのかを解説している。例えばロゴマークが上下左右ともに対称なのは、コンビニエンスストアに置いても駅の売店に置いてもマークを把握できるようにするためだと言う。解剖は内装包材の形や素材についても及ぶ。また粒そのものも対象となる。粒の大きさや形、構造、噛んだ時の感触などをどのように設計し、実際にどのように作ったのかが語られる。キシリトールガムが隅々までデザインされた、まことに隙のない製品だということがよく分かる。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/12/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。


1960年に日本デザインセンターの創立に参加し、現在同社の最高顧問を務める著者は、約40年間にわたり、第一線の広告クリエイターとして、コピーライティングや企業のCIディレクションを手がけてきた。日本の広告の移り変わりを目撃してきた著者にとって、現在の広告はある意味で危機的な状況にあるようだ。日本の広告費の60パーセント以上は無駄に使われており、広告が「から回り」していると警告する。日本の戦後の広告は、幼児時代の体型のまま大人になってしまったとも言う。当初期待されていた成長を遂げていないのである。その大きな要因の1つとして挙げられるのが、広告主や広告の専門家の間に「ブランド」を構築し守ろうという意識が欠如していたことだ。目先の商品を売ることばかりに気をとられ、企業や商品の思想を伝えて来なかった。さらに著者はブランドと並ぶ企業の経営資源にも言及する。ブランドが守りの武器だとすれば、攻めの武器となる資源も持つべきだと訴える。その大きな力がデザインだ。日本の企業はもっと本気で「知的資本」としてのデザインの力を考えるべきだと唱える。企業はブランドとデザイン力を広告でどう伝えていくかをあらためて見直す必要がある。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/12/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ウェブデザインを行う際の実践的な知識やテクニックをまとめた。デザインの全体の流れや作業を効率化させるディレクションの方法、主要なソフトの使い方などを解説。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

minimum

2001/11/27 18:16

2001/12/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シンプルかつ簡素なスタイルを追求する様式、ミニマリズムの作品集。建築、写真、家具、食器、インテリア、美術などの分野からミニマリズムを体現した作品を紹介。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/11/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ウェブサイトのデザインで重要なインターフェースデザインの基礎を理解する。配色の方法やスタイルシート、フレーム分割、プルダウンメニューの作り方などを解説。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/10/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シナリオ、デザイン、マーケティング、テクニカル、プロデュースといった視点でサイト評価の新システムを提唱。具体的な事例を挙げて、サイトの実力をチェックする。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/10/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日常生活におけるメッセージのやり取りやビジネスの取り引きがインターネット上で行われ、それまで紙の中に蓄積されていた人間の知恵やアイデアがウェブサイトの中に集まっている。もはやIT抜きではビジネスは語れないと言ってよい。本書では企業が送り出すヒット商品(サービス)を、ITがいかに支えているかをリポートする。登場するのは、アサヒビールの発泡酒「本生」、エーエム・ピーエム・ジャパンの「フローズンとれたて弁当」、ソニーの「AIBO」、家電量販店のコジマ、日本マクドナルド、日本航空の「e割」など14の企業と製品だ。いずれも生産管理、営業戦略、マーケティング、顧客とのコミュニケーションなどさまざまな局面でウェブやデジタル技術を活用し大きな成果を挙げている。しかし著者は手放しにITを礼賛しているのではない。導入するだけで業務や商品の質が向上するわけではないと釘をさす。ITと、現実世界の広さや深さとをシンクロし役割分担しながら内容を向上させて行くことが大切だと唱える。ITの運用には確固とした意見、ビジョン、考え方が必要だ。そして商品を購入し使うのは生身の人間であることを忘れてはならない。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/09/01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一般消費者向けの商品マーケットは、もはや飽和状態に突入していると言ってよい。商品や情報は氾濫し、消費者のニーズはますます多様化している。そんな混迷をきわめる市場において、ベストなコンシューマプロダクトとはどのようなものか、それを創り出し売り出していくためのヒントはどこにあり、体制はどう作るのか、今後のコンシューマプロダクトはどういう潮流になっていくのか。本書はこれらの問題に対して、「デザイン」と「マーケティング」という2つの側面からアプローチしていく。マーケティング編では製品戦略、価格戦略、流通戦略、コミュニケーション戦略、市場戦略、総合戦略などについて、デザイン編では成熟市場におけるデザインの役割、企業をブランド化するデザイン、環境問題を解決するデザインなどについて、合わせて70の商品開発のヒントを提唱する。PC業界の中で独自のマーケティング戦略、デザイン戦略を進めるアップルコンピュータを中心に、ソニーや無印良品、GAPなど「デザインオリエンテッド」な企業をケーススタディーとして取り上げ、具体的なヒントを導き出している。これからの商品開発に必要なのは表面的なスタイリングではなく、あくまでも企業哲学が反映された骨太なデザインだと説く。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

63 件中 1 件~ 15 件を表示