サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小野 哲さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

小野 哲さんのレビュー一覧

投稿者:小野 哲

13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本JavaScript

2001/01/16 18:15

javascriptを理解し使いこなしたい人のための本。初心者から中級者までをカバー

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 javascriptはホームページをダイナミックに表現するための仕掛けであるが,ホームページ実装者の創造力しだいで用途は無限である。しかし,問題はjavascript自体は1つの言語であるということだ。習得するためにはそれなりの努力が必要であるのは言うまでもない。Webデザイナーといわれる人たちにとって言語は1つの障壁と感じることはよくある話である。そのために多くの参考書がでているのだが,なかなかよい参考書が見つからないものである。初心者用のものでは簡単な例題の羅列に終始しがちで,やりたいと思うことが意外に書いていないことが多い。かといって中級者用のものは専門用語の嵐で内容がよく理解できないことがある。
 まさに,帯に短しタスキに長し。このような経験はだれでも持っているだろう。初心者は簡単な例題でやりたいことが実現できるコードの例が知りたい。逆に中級者としては一貫した言語仕様とそれぞれのオブジェクトの意味づけなど,基本でありながら本質的な部分の説明を求めるものである。
 この本はこんな両者の要求を実にうまいバランスで満たしている。まず,例題が豊富である。しかも単純な例題で対象となる機能を説明されている。そのため,非常にわかりやすい。それでいてjavascriptの基本的な構造や応用事例までをカバーしており,一読すればjavascriptの全体像を把握することができる。
 第1部は基本を押さえるのに非常にためになる。中級者でも一読することをお勧めする。第2部は最も重要なウィンドウ制御を中心に展開しているが,基本から応用までしっかり学べる内容になっている。リファレンスとして使うというより,現在自分が気になっている機能を例題で理解しながらjavascriptを学んでゆくというスタイルが読み方として適しているかも知れない。ともあれ,初心者から中級者を完全にカバーできる見事な参考書である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ユニバーサルな情報共有とは何か?Webでの情報発信の本質をとらえた秀作

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 HTMLはだれもが情報を理解し共有できるようにするための「ユニバーサル」な表現方法でなければならない。これがこの本の著者の主張である。見た目の派手さばかりを競う風潮に著者はアンチテーゼを提示し,だれもが簡単に気軽に情報を発信するための手段としてHTMLをとらえている。大賛成である。本来のHTMLは実にシンプルな発想のもとに生まれた。そのために簡略化された構文が定義されたのである。それを考えてもHTMLはユーザーにとって身近なものであったはずである。
 この本は,そういった観点から初心者やユーザーにとても優しい。HTMLをデザイナー中心の難しいものとして祭り上げることなく,あくまでユーザーを主体にした暖かい視点で書かれている。そのため,全体がわかりやすく,それでいて構造的である。基本的なことが分かっているユーザーはスタイルシートの説明から読み始めてもよいだろう。一環した必然性のなかで徐々に難しいテーマに上ってゆくことができる。Webサイトの企画から構築プロジェクトのありかたなども書かれていて興味深い。HTMLに関してやや食傷ぎみのかたにもこの本は胃薬のような爽快感を与えてくれるだろう。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Javaの開発環境をまとめCD-ROMに同梱。インストールの方法を詳細に説明

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いまさら言うまでもないが,Javaの良さは,WindowsユーザーであってもLinuxユーザーであっても環境のセットアップさえできてしまえば開発する手法は一緒であるといことである。これは逆に言えば各プラットフォームでの環境設定を知ってさえいればOSの特性などを気にしなくて良いということになる。本書はJava2のスタータキットという位置付けであり,開発環境のセットアップがわかりやすく書かれている。初心者も迷うことなく環境を作成することができるだろう。
 開発の基本であるJDK(Java Development Kit),GUI(Graphical User Interface)レベルの開発環境であるForteをさまざまなプラットフォーム環境で使えるように簡潔に説明されている。開発の方法の概要も書いてあるので,初心者にもわかりやすい。値段もとても手ごろである。
 また,CD-ROMにそのパッケージが同梱されているので,この一冊でJavaの開発環境がすべてそろうというわけである。また嬉しいことに,統合開発環境として評価の高いJbuilderやiモードでiアプリを作成するためのツールであるi-JADEなども同梱されている。Java環境を構築したい人にお勧めである。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

安価なPCによって実現するスーパーコンピューター。ベオウルフクラスターシステム導入のためのガイドブック

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ベオウルフは並列計算のために生まれたシステムである。並列計算はクラスター技術の1つの技術分野であり,科学技術計算の分野での必須であった。一般にそれはスーパーコンピュンターによって実現していたものであるが,ベオウルフの出現によって大きく変化した。ベオウルフは,安価なPCを多数台つなげて,それぞれ並列に計算を任せることで実現したのである。これによって,従来のコストを大幅に下げることができる。
 とはいっても,ベオウルフについて詳細な記述のある書籍があまり存在していなかった。本書はLinuxをベースにし,ベオウルフによってシステムを構築したい技術者にとって間違いなく福音となるであろう。本書を通してベオウルフの発生の軌跡やその基本を学びながら,ベオウルフを実装し,それを管理できるようになるはずである。また,その周辺知識についても詳しく説明している。つまり,本書は神秘のベオウルフ・システムの最適なガイドブックということである。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実績のあるCGI部品を手軽に実装する。効率よくサイトを構築したいオーナーのための本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 CGIの説明書は多くある。しかしいざCGIを使って実際のショッピングサイトなどを構築したい人が参考書を読みながらCGIを作成する場合,それは簡単なように見えてきちんと動くまで意外に工数がかかるものである。現場で困っている人も多いに違いない。また,CGIで何かの機能を実現するために工数を割きたくないと思うかたもたくさんいるはずである。この本はそんな方に役に立つ。
 内容としてはCGIの作り方説明ではない。すでに動いてテスト済みのCGI部品を使って効率よくしかも最短でクールなサイトを構築したいという人のためのものであり,すでに著者が作成したテスト済みのCGIを紹介し,その設定と実装の方法を書いたものである。したがって,この本を購入し,付属のCD-ROMに同梱されたCGI部品をサーバに転送し,しかるべき設定をすればCGIをすぐにでも利用できるわけである。
 掲載されているCGIでどんなものがあるかといえば,代表的なものとしては,「ショッピングカート」「掲示板」「日記」「アンケート応募」「見積書」「アクセス分析」など,基本的なものから応用的なものまで一通りそろっており,機能としては十分に使えるものばかりだ。これらをそのまま使えば,短時間で効率よく目的のサイトの機能を実現することができるはずである。
 それらの中で設定ファイルを編集すれば,見た目や機能などを自分の好みに変化させることができるので,ある程度の仕様の変化を吸収することはできると思う。設定に関しては詳しく触れられているのもこの本の特長であろう。もし,目的の仕様が合わない場合はソースを参考にしてオリジナルなCGIを作ればよいのではないかと思う。一から作成するよりも効率がよいはずである。また,巻末にはJavaScriptの実践的なサンプルが載っているので,CGI部品と併せて使用することをお勧めする。
 なにぶんCGIを作成することは手間がかかる。しかしその作成時間を別なコンテンツの充実にあてたほうがよいこともあるだろう。この本はそう考えているWEBサイト構築者に推す薦めできる本である。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おいしいサンプルサンプルプログラムを中心に,実践的なアプリケーションを作成するためのTips満載!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Accessを使って業務アプリケーションを作成しようとしたとき,突然行き詰まることがある。やりたい処理ははっきりしているのだけれど,はてどうやったら実現できるのだろうか?皆さんもそういった経験をしたことがないだろうか?たとえば,「フォームとサブフォーム間のデータを渡しあうにはどうしたらよいのだろう?」という基本的なことから,「発注書や見積り書を電子メールで送信するには?」とか「FTPで遠隔サーバーとのデータのやりとりをしたい」いった応用的なことまで含めるとさまざまな障壁が存在するのがわかる。
 そんなとき,この本は強い味方になってくれるだろう。というのも,本を開けばあなたのやりたいこと,そのものズバリのサンプルが載っているかもしれないからだ。そのなかから自分がやりたいことに一番近いサンプルプログラムを見つけて,どのように実現すればよいかを見ればよいし,サンプルを実行してそれを実際に経験してみるのもよい。きっとその瞬間,自分の考えていたAccessの限界を突破できるに違いない。
 この本は,基本的なフォームの処理,レポート関係の処理,他のオブジェクトとの連携やインターネットを経由したデータのやりとりなど盛りだくさんの機能を実現するためのサンプルプログラムとその説明で構成されている。したがって大概の機能は実現できると思われる。サンプルは付属のCD-ROMにも収録されているので,手軽に実験できる。
 また,それらの処理は,ほとんどVBA(Visual Basic)によって実現するが,VBAに関する参考書は比較的多くはなったし,AccessでVBAを使いこなせるようになるには訓練と経験が必要である。そこで本書のような「やりたいこと」についてのサンプル集があればより実践的な習得をよりしやすくなるだろう。Accessをある程度理解していくつかのアプリケーションを自分で作ったことのある人,「やりたいこと」につまずいている人に特にお勧めする。とにかくおいしいサンプルが満載。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SQL-Server2000をイチから学びたい初心者に最適な一冊。分かりやすく豊富な図解が特徴

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 SQL関連本を書く場合,著者は対象とするRDBMSを何にするかで悩むものである。読者の立場としては,RDBMSのSQLの構文全般を求める人と,RDBMSを一つに限定して学びたい人,このように大きく二つに分かれるのではないだろうか?
 この本はSQL-Servserに特化している。そういった意味ではSQL-Serverを学びたい人にとっては格好の教材になるはずである。本の構成としては,初心者が迷わずにSQLを体験できるようになるまでの過程が書かれている。Enterprise Managerの具体的な使い方が図解されているので,初心者でも迷わずSQLの実行まで体験できるわけである。そこまでできればあとは簡単。自分が知りたいSQLの例題を好きに実行すればいいのである。リファレンスとしても,学習用のテキストとしても重宝しそうである。内容的には基本的なSQL文はこれだけ知っていればOKというレベルを押さえてある。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

JAVAの開発者が自ら説明するJAVAセキュリティを学ぶための,優れた内容を網羅した教科書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ネットワークごしに実行される言語でセキュリティのゆるい実装であったとしよう。そして,悪意のあるユーザーが悪意のあるコードを書き,それをインターネットに公開したとする。するとどうだろう。有益なインターネットは一瞬にして危険なコミュニケーション空間にひょう変するのである。ネットワーク社会の生々しい問題が露呈することになる。インターネットが情報の流通手段の主役になった今,セキュリティというテーマはかなり深刻な問題提起として存在している。JAVAはこういった問題を予見し,最初から言語特性の本質的な特長として誕生したものである。
 世界に存在する不特定多数の端末上でネットワークを通して実行されうる言語は,安全な実行を保証する必然性がある。その大きなテーマに対する最も有力な回答がJAVAだった。だからこそ,JAVAは誕生時点から世界からの熱い期待の中で成長していったのである。
 いかなるプラットフォームであっても安全に実行されること。このコンセプトは現実のネットワーク環境の上でいかに重要なことかを今だからこそ理解することができる。JAVAは歴史的試練を経てより強固で柔軟に発展していった。それゆえにJAVAのセキュリティは難解であるが,非常にすぐれた構造をもっている。現代のマルチプラットフォーム環境でより安全なシステムの実装を目指す技術者にとって,JAVAのその原則と構造を知ることは非常に重要であるといえるだろう。
 この本は,そういった技術者の理解を助ける上で優れた内容が網羅されている。JAVAの言語体系の説明ではなく,ずばり,セキュリティにフォーカスしたものであるがゆえに,言語レベルでのセキュリティのありかたが懇切丁寧に書かれている。JAVA2のセキュリティ構造を学びたい人たちに必須の教科書である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Webサイトの外観や操作性,運用・保守性の向上のため,XML,XSL,DOMなどの利用を解説する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 保守性・拡張性の高いWebサイトを構築するには,どうしたらよいか? この問題を見事に解決してくれるのがXMLである。XMLの考え方は従来のHTMLの諸処の問題を解決するために出現したSGMLサブセットであるわけだが,こういった歴史的背景からXMLを考察するとその答えがしだいに明確になってゆく。それを理解しながら,XMLを再び眺めると,XML,XSL,DOMなどのそれぞれの役割とその関係を理解することができる。それによって,初めてXMLの上手な活用,実践的なWebサイトを構築するためのさまざまな技法を習得する下地ができるといってよいだろう。
 本書ではその答えを用意している。入門ではなく,一歩踏み込んだXMLの思想と技法を学びたい読者,XMLについてある程度の知識がある読者にとって,実践的なWebサイトを構築するためのより深い技法を学ぶ格好の参考書になるだろう。つまり,本書は一般的な入門書のようなXMLの書き方中心の説明とは対照的に,XMLを使用して効果的なWebサイトを構築するための視点で書かれている。たとえば,基本的にXMLはクライアント側で考えると分かりやすいが,それだけでは,十分に有効な使い方とは言えない。サーバー側でXMLを活用することによってより強力なツールになり,より柔軟で強力なサイトを構築することができる。
 本書はそういった理論と可能性や技法をバランスよく提示してくれる。言語的にはクライアント側ではJavaScript,サーバー側ではJavaやPerlでのアプローチを併用し,WebサーバーとしてApacheやIISでの使用を前提に説明しているため,一般的な実装で困ることはない。
 また,CD-ROMも付属しているので,サンプルをすぐに実行できる。したがって,それをテンプレートとして上手に活用すれば,目的にあわせて手を加えることによって,一からXMLを習得してWebサイトを構築するより,はるかに効率よくWebサイトを構築することができるだろう。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Access2000プログラミングの実践的な解説。24時間分の章を段階的に習得,実践的スキルを会得

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 各章ごとに1時間で習得できることがこの本のコンセプトである。そのために24章(=24時間分)で構成されているのは面白い。AccessのVBAは挫折することが多いものだが,この本は,各章ごとに基本テクニックを項目ごとに絞って説明しており,今自分が何をやっているかを迷うことがない。本のとおりに実験しながら覚えれば,VBAの基本テクニックを身に付けることができる実践的なVBAの解説書である。
 さて,全体の内容であるが,Part1ではAccess 2000の機能・VBAや演算の方法などAccess自体の基本を学ぶ。基本的なAccessの操作が説明されているので,VBAを初めて触る人でも挫折することはないだろう。Part2-4でAccess 2000のコーディング・テクニックの基本を学ぶ。この部だけでも相当VBAになじむはずである。Part5でデータベース・プログラミングを学び,本格的なデータベース連携を行う。ここまでくれば読者は自力でデータベース・プログラミングを行うことができるだろう。そしてPart6-8は応答的なテクニックに移行する。エラー処理,デバッグ技法,クラス化の技法,Outlook連携など一般的に興味のあるかつ実践的な内容であり,応用技法の説明としては非常に良い。仕事でAccessを使う人にとっては有意義であろう。
 表題どおり24時間で習得できるかどうかは別としてこの本のサンプルを一通り実験すればAccessでプログラミングを行う上では相当な力がついているはずである。ただ1点だけ残念な点は,サンプル・プログラムのコードがCD-ROMなどで提供されていないことである。しかし,紹介されているソースは短いものが多いので,自分で入力しながら覚えていくことはさほど苦にはならない。
 この本によって,読者はAccess 2000をより強力なツールにすることができるだろう。Accessをもっと高度に使いこなしたいという人には間違いなくお薦めできる一冊である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Linuxの基礎をきちんと押さえながらファイル・サーバーが構築できる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Linuxによるファイル・サーバーを,WindowsやMacが混在する環境で動かすことをテーマに書かれている。Linuxを操作するために最低限必要な基礎知識やコマンドなどが分かりやすく説明されており,ファイル・サーバーとして設定・運用できるまでのテクニックやTipsが要点よく網羅されている。たとえば,emacsなどの使い方などがていねいに記載されている点や,サーバーの設定を中心としながら,Xの設定などのポイントが簡潔に記載されている点なども,初心者が迷わないですむように配慮されているのが分かる。全体的にバランスのとれた内容に仕上がっていながら,実践的である。
 また,後半の章ではネットワークの知識がなくても独学できるようにていねいに解説されているのがよい。この本1冊でLinuxについてかなりの知識を得ることができるはずだ。Linux初心者にお薦めできる一冊。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

LinuxでCD-Rを焼く,音楽CDを作る,ディジタル・レコーディングをしたい人のために

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Linuxで質のよいCD-Rの焼きこみをしたい,MP3などの音楽CDを作りたい,本格的なディジタル・レコーディングをしたいユーザにはもってこいの一冊。すべてフリーのソフトを使用し,誰にでも手軽に使えるように気配りされている。CD-Rマニアや音楽マニアにはぜひともお薦めしたい。
 古いマシンをCD-Rのための専用機として復活するのもいい。自分だけのレコーディング・マシンを作るのもいい。読みながらさまざまなアイデアが浮かんでくる。また,CD-Rへの焼きこみが15分で終わったという著者の言葉には実体験のなかの自信が感じられ,思わずすぐにでも試したくなる気分になる。全体的に著者の実体験に基づいて簡潔に書かれているだけに,内容的にも分かりやすく親しみを感じる実践本である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

XMLの技術的な優位性のほか企業戦略としてXMLをどのように活用していくべきかが分かる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書では,さまざまな立場からの事例などを交えながらXMLの重要性を見渡している。XMLの技術的な優位性のほかに,企業の戦略的側面からとらえたXMLの本質を見ることができるだろう。「これからどうしてXMLなのか?」この疑問に一つの解が見えてくる。これからのEDIの新しい姿を実現するための強力なツールとしてXMLの有効性を本書によって理解することができるだろう。
 各ソリューション・プロバイダーのXMLに対しての取り組み事例なども興味深い。XML/XSLの今後の技術的発展のあり方や,企業コードの規格や製品サービス・コードのあり方なども説明されている。現実へのビジネス・モデルに適用するときに充分検討しなければならない問題への示唆を含んでいる。
 内容的な難易度は比較的高いが,XMLの技術的な知識を得る目的ではなく,企業間取引などの道具としてのXML活用を考えている人に有意義な一冊。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示