サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 藤原ゆきえ さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

藤原ゆきえ さんのレビュー一覧

投稿者:藤原ゆきえ 

2 件中 1 件~ 2 件を表示

メイク力

2001/01/26 14:44

今までのメイクの常識が変わる。かづきメイクの技!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ある日、テレビをつけると、こんな驚くべき光景が飛び込んできた。頬のたるみを何とかしたいという50代の女優の顔を、メイクアップ・アーチストが、スタジオに集まった観客やゲストの前で、またたく間に変えていく。顔の右半分は、今までの自分のメイク。もう半分はアーチストによって改善されたメイクだ。テレビカメラに映し出された彼女の顔は左右明らかな違いがある。メイクを施された方の顔は、頬の位置が上がり、輪郭もシャープになり、スッキリとしている。仕上がりはとても自然だ。手鏡を渡された女優がビックリしている。会場からも、感嘆の声が漏れる。
 その後も、アーチストは、目の下のクマとむくみが悩みの種だというタレントの目元をいとも簡単にスッキリとさせてしまった。
 出演者、会場の観客、そしてこの手の番組にはとても懐疑的な私をうならせたそのアーチストの名は、かづきれいこさん。今、急上昇中の人である。正確にはフェイスプランナーという。変身メイクなど、視聴者をみごとに変えてしまうアーチストはたくさん知っているが、かづきさんのようなタイプのアーチストは初めて見た。前者のタイプのメイクは、やたら派手で、その人の持ち味は消され、日常ではとても使えないものが多い。
 一方、かづきさんのメイクのコンセプトは「元気に生きるための生活に根ざしたメイク」。実際に彼女自身が毎日メイクをするからだろう、女性の発想が生かされている。時間もお金もかからない。ワンパターンに陥りがちな毎日のメイクを考え直すのに実に良いヒントをくれる。この『メイク力』には、この、かづきメイクの方法が惜しみなく紹介されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本物の暮らし方をフランス人男性から学ぶ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本文中の「僕は日常の中で、自分自身をもてなす準備を常に整えている」という言葉が気に入った。
 突然友達が訪ねてきても、あわてず、心からもてなすためには、先ず、自分をもてなす環境を作っておかなければならないということだ。誰のためでもなく、自分が心地良いと思えるように花を飾り、心から美味しいと思える料理を作り、大好きなCDをかける。そしてその自分自身のための心暖まる豊かな空間は、結果的に、思いがけない来客を、気持ちよく迎えられる場となるのだ。この、突然人が訪ねて来た時のもてなしを、著者は、「即興のおもてなし」と呼んでいる。
 そして、今はこのような、もてなしのできる家は少なくなってしまったと嘆く。そういえば子供の頃、一日中家にいたような退屈な日曜日に突然来客があると、なんだかワクワクしたものだ。日本もちょっと前までは、近所の人が、突然庭先から現れても、あわてることなく、天気の話などしながら、縁側でお茶と手作りの漬け物などで、即興のおもてなしをする光景が見られたものだ。

 著者は、フランス人男性。40歳ですべてをゼロに戻し、第2の人生を歩む決断をしたことで、今の豊かな暮らしを手に入れた人だ。その彼の衣、食、住に対する考え方や、人生を楽しくするヒントがもったいないほど詰め込まれている。

○家庭・実用・女性ジャンルのトップへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示