サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 久保田正伸さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

久保田正伸さんのレビュー一覧

投稿者:久保田正伸

1 件中 1 件~ 1 件を表示

【著者コメント】ブロードバンドは裏方の技術

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高速で大容量のインターネット、ブロードバンドということばを聞いた時、多くの人は「コンピュータの話か」と思うのではないでしょうか。今、話題のADSLや光ファイバーを使ってデータ通信を行えば、確かにホームページの表示が速くなったり、インターネットで動画が見られるようになります。
 しかし、それはブロードバンドのほんの一面しか見ていないように思うのです。本当にみんなが知りたいことは、それが自分の生活に影響するか、働き方が変わるか、何か得することや楽しいことはあるのか、デメリットは起きないか、といった事柄のはず。
 執筆にあたっての取材では、慶應大学の授業を拝見させてもらいました。この授業はブロードバンドを使ったトライアルでした。湘南のキャンパスにいる先生が、日吉にいる学生に光ファイバーで伝送される映像と音声を使って、リアルタイムで授業をしていました。この授業は今後は、リアルタイムではなくオンデマンド、いつでもどこでも受講ができるようになるそうです。すると、学生は授業時間帯に限らず、ブロードバンドを利用して受講できるようになります。さらに、授業コンテンツを受信できるのは慶應大学の学生に限りません。他大学の学生(慶應大学に入れなかった学生)でも、社会人でも、主婦でも、学びたい人は、技術的には授業コンテンツを受信できるようになります。
 そうなった時に、慶應だとか東大という大学間の壁がなくなり、学歴は無意味な社会がやってくる可能性に気がつきます。一方で、大学の先生も人気教授が現れたり、フリーランスの教授も出てくるかも…と可能性はどんどん広がります。
 今、さかんに話題になっているブロードバンドは、実は裏方の技術。ブロードバンドが普及すれば新しい発想が生まれ、我々の生活、学校、仕事、趣味、そして考え方も変わっていくのではないか、そんな未来を考えながら本書を執筆いたしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示