サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 服部 貴美子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

服部 貴美子さんのレビュー一覧

投稿者:服部 貴美子

3 件中 1 件~ 3 件を表示

4年にわたる商法改正の流れを整理。法的な見地から,新世紀に生き残る企業を作る企業再編策を示唆する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 近年,企業活動における「国際標準」の意識が徐々に高まっている。バブル崩壊後の景気低迷,不良債権の増加などによって,幾多の企業が姿を消していくなかで,国内外での競争に耐えうる基盤が求められていることのあらわれであろう。とりわけ,企業の弱体部分を切り離したり,他社と合わせるといった積極的な「企業再編」の戦略を,柔軟かつ簡略に実行できるような法整備が急がれてきた。
 企業再編のための商法改正作業は,1997年からスタートした。合併法制の合理化,さらに1999年には持株会社の創設のための株式交換制度の導入,そして2000年に発表された会社分割制度の創設によって,企業再編のための一連の法整備が完了したといえるだろう。
 本書では,これらの法改正の目的とその効果を体系的に整理しながら,実際の手続きの流れにとどまらず,残された法的課題や留意点にまで触れている。関連法規の参照はもちろん,実際の活用事例を新聞記事などから引用しており,法律関連の書籍を読み慣れない人にも理解しやすい。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

不況や後継者難に悩みながらも,「情報発信」によって会社再生に挑んだ工場経営者たちの知恵に学ぶ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「ものづくり立国」と呼ばれてきたように,これまでの日本経済は,安くて高性能な製品を作ったメーカーが,輸出によって外貨を稼ぎ出すことで支えられてきた。しかし,長引く不況の影響を受け,その栄光にもかげりが見え始めている。著者自身,父親の営む鉄工所が高度経済成長とともに栄え,プラザ合意後の円高基調とともに衰退し,バブルの崩壊で廃業へと追い込まれていく過程を実体感しているが,これは,決して特別な例ではない。
 いわゆる「系列」というピラミッド型の構造において,下請けの立場におかれた中小製造業は大きなダメージを受けた。その後,NC旋盤やCADといった高額な機械を導入することによって生産性を上げ,メーカーからのコストダウン・短納期化という要請にを応えてきた工場でさえも,資金調達の難しさ,経営者・従業員の高齢化,後継者不足から,存続が危ぶまれるケースが後を絶たない。
 本書は,東京の下町である葛飾区や墨田区にある異業種の町工場9社の2代目・3代目たちが1998年にスタートさせた「NCネットワーク」(http://www.nc-net.or.jp/)にスポットをあて,参加企業数十社の経営者への取材やアンケートをまとめたドキュメントである。
 参加費無料の全国ネット,独立性と中立性が保たれた透明度の高いコミュニティに約6000社の企業が集積。「良い物を作っていれば,黙っていても売れる」という職人気質を払拭(ふっしょく)し,自ら積極的に情報発信を始めたことが「脱・下請け」につながった。
 今後は,コスト面でははるかに日本をしのぐアジア諸国との協業など,国境を越えたネットワークも強まってくることだろう。
 「IT化」は,単に作業効率を高めるだけでなく,製造業の「系列」の歴史にも変化をもたらした。「NCネットワーク」の試みには,「匠の技」と「ものづくりの心」を残しながら,「町工場」を再生していくためのヒントが隠れているはずだ。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人物にもスポットを当てながら,注目500社へのアンケート結果を整理。ネットビジネスへの参画を考える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 変化のスピードが速いといわれるネットビジネスの現状と未来戦略を,企業へのアンケート(ホームページ上で回答)を使った定点観測で得たデータを基に,整理・分析している。
 各社の自己申告による,業績やページ・ビュー等の基礎データを,第三者である編集事務局が判断した「ランク」によって並び替えることにより,ミクロな情報を提供。さらに,国内外のネットビジネスをレポートした「ヒートビュー」,キーパーソンへのインタビュー記事などを通じて,ネット業界のマクロな流れをも伝えている。
 また,17に分けられた「サービス分類」の項目を追うだけでも,成功できるビジネス・モデルを考える一助となるであろう。
 単に,最新ビジネスの動向をつかむということだけに留まらず,ネット企業に投資をしたい,成長性の高い会社との取引を始めたい,有能な人物とコラボレーションを模索したいなど,参加者の一人としてネットビジネスに関わりたいという人には便利なデータ・ブックだ。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示